コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

奥多摩 おくたま

6件 の用語解説(奥多摩の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

奥多摩
おくたま

東京都西部,多摩川の本流と支流秋川の上流域一帯の総称。北西に隣接する奥秩父の山岳地域とともに,1950年秩父多摩国立公園 (現秩父多摩甲斐国立公園 ) に指定。四季の山岳美と渓谷美に富む。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉の解説

おく‐たま【奥多摩】

東京都北西部、多摩川上流の地域。御岳(みたけ)山・鳩ノ巣渓谷・日原(にっぱら)鍾乳洞などがある。
東京都の最西部、西多摩郡の地名。林業が盛ん。奥多摩湖がある。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

百科事典マイペディアの解説

奥多摩【おくたま】

東京都西部,多摩川上流と支流の秋川,日原(にっぱら)川流域をさし,秩父多摩国立公園の東部に当たる。中心は奥多摩町の氷川。射山渓,鳩ノ巣渓谷,数馬渓谷,日原・倉沢鍾乳(しょうにゅう)洞,秋川渓谷奥多摩湖があり,雲取山,川乗山,御岳(みたけ)などは登山者でにぎわう。
→関連項目秩父多摩甲斐国立公園

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

世界大百科事典 第2版の解説

おくたま【奥多摩】

東京都の最西端,関東山地南部に含まれる地域の総称。この呼称は比較的新しく,昭和以後のもので,青梅市の西半部,西多摩奥多摩町,檜原村の全域,およびあきる野市五日市の一部をさす。多摩川沿いに氷川までJR青梅線が延び,本来の石灰岩運搬のほかに奥多摩観光の足となっている。青梅街道は多摩川沿いに山梨県丹波山(たばやま)村を経て塩山市まで通じ,かつては甲州裏街道として利用された。奥多摩湖を中心に有料山岳道路が開通し,観光には便利になったが,自然破壊のおそれも出ている。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

大辞林 第三版の解説

おくたま【奥多摩】

東京都北西部、多摩川上流域の呼称。また、西多摩郡の町名。大半が秩父多摩国立公園に属し、山岳・渓谷・鍾乳洞など探勝地が多い。

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

奥多摩
おくたま

東京都西部、多摩川水系の上流域で、山岳美で知られる地域。多摩川流域に青梅(おうめ)市の西部と奥多摩町、その支流秋川流域に檜原(ひのはら)村、あきる野市が属し、さらに奥多摩湖から上流の丹波(たば)川流域は山梨県の丹波山(たばやま)村に属する。奥多摩には東京都で最高峰の雲取(くもとり)山(2017メートル)および大洞山、七ツ石山、鷹巣(たかのす)山、六ツ石山、酉谷(とりたに)山、三頭(みとう)山など1500~2000メートル級の山々が連なり、山地を侵食する渓谷もまた美しい。山地のうち、1500メートル以上はカラマツ、コメツガなどの亜高山帯、1000~1500メートルはブナ、シラカンバなどの中山帯、1000メートル以下はスギ、ヒノキの人工林とナラ、クヌギなどの雑木林の低山帯に分かれる。おもな観光地としては、もっとも展望のよい雲取山、小河内(おごうち)ダムの奥多摩湖、秋川渓谷、御岳(みたけ)渓谷、御嶽(みたけ)神社の御岳山、かぶと造の民家や古い民俗の残る数馬(かずま)の集落、日原鍾乳洞(にっぱらしょうにゅうどう)や倉沢鍾乳洞(現在は閉鎖)、紅葉の優れた丹波渓谷などがあり、秩父多摩甲斐(ちちぶたまかい)国立公園に属する。東京の市街地に近接することから観光、登山客が多く利用度が高い。JR青梅線が奥多摩駅(氷川(ひかわ))、JR五日市線が武蔵(むさし)五日市駅まで通じ、青梅街道のほか数馬から奥多摩湖南岸まで奥多摩周遊道路がある。[沢田 清]
『佐藤孝太郎著『奥多摩ところどころ』(1957・京王多摩文化会)』

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

奥多摩の関連キーワード浅川尾花岬関東山地丹沢山地天塩岳特別区民税奥多摩[町]東京都目黒区東山東京都西多摩郡檜原村西崎

今日のキーワード

パラチオン、パラチオンメチル

パラチオンは無色で油状の液体、パラチオンメチルはコハク色の液体。ともに毒性が強く、有機リン系殺虫剤として使用された。50年代以降、稲の害虫被害を防ぐことが確認され、広く導入された。しかし、農民の中毒死...

続きを読む

コトバンク for iPhone

奥多摩の関連情報