コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

山方(読み)やまがた

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

山方
やまがた

茨城県北西部,常陸大宮市北東部の旧町域。久慈川中流域に位置する。 1947年町制。 1955年諸富野 (もろとの) 村,世喜 (せき) 村,下小川村,塩田村のそれぞれ一部を編入。 2004年御前山村,美和村,緒川村とともに大宮町に編入され,名称変更および市制施行により常陸大宮市となった。東に久慈山地,西には八溝山地があり,南部は久慈川に沿って台地状に平地が開ける。久慈川が中央部を貫流し,古くは河川交通路にあたり,奥州へ通じる街道の宿場町であった。和紙製造とコンニャクイモやタバコの栽培,林業が盛ん。川沿いはアユの釣り場として有名で,奥久慈県立自然公園に属する。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

デジタル大辞泉の解説

やま‐かた【山方】

《「やまがた」とも》
山のある地方。
《「やま」は比叡山のこと》比叡山延暦寺にかかわること。また、延暦寺の僧たち。
「御念仏の僧ども、―、奈良方」〈栄花・楚王の夢〉

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

山方
やまがた

茨城県北部、那珂(なか)郡にあった旧町名(山方町(まち))。現在は常陸大宮(ひたちおおみや)市の北東部を占める一地区。1947年(昭和22)町制施行。1955年諸富野(もろとの)、下小川(しもおがわ)、世喜(せき)、塩田(しおた)4村の各一部を編入。2004年(平成16)、美和(みわ)村、緒川(おがわ)村、御前山(ごぜんやま)村とともに大宮町に編入(大宮町は市制施行して常陸大宮市となる)。旧町域は、久慈(くじ)川を挟んで八溝(やみぞ)山地と久慈山地をもつ山間地域。JR水郡(すいぐん)線と国道118号が通じる。長く佐竹氏が支配し、近世は水戸藩領。南郷(なんごう)街道の宿場として、また久慈川と那珂川の各水運を結ぶ河岸町(かしまち)として栄えた。肉牛飼育が多く、コンニャク、ソバ、シイタケ、和紙や砕石、砂利、木材の産がある。古い起源をもつ西の内紙(手漉(す)き和紙)は、工芸技術として国の選択無形文化財となっている。江戸後期、コンニャクの粉末化技術を開発した中島藤右衛門の出生地(旧諸沢(もろさわ)村)。奥久慈県立自然公園に属し、キャンプ場、淡水魚館がある。[櫻井明俊]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

今日のキーワード

RE100

2014年に国際環境NGO「The Climate Group」が開始した国際的な企業連合。業務に使用する電力の100%を再生可能エネルギーに転換することを目的としている。認定を受けるためには、「企業...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

山方の関連情報