コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

山方 やまがた

3件 の用語解説(山方の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

山方
やまがた

茨城県北西部,常陸大宮市北東部の旧町域。久慈川中流域に位置する。 1947年町制。 1955年諸富野 (もろとの) 村,世喜 (せき) 村,下小川村,塩田村のそれぞれ一部を編入。 2004年御前山村,美和村,緒川村とともに大宮町に編入され,名称変更および市制施行により常陸大宮市となった。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉の解説

やま‐かた【山方】

《「やまがた」とも》
山のある地方。
《「やま」は比叡山のこと》比叡山延暦寺にかかわること。また、延暦寺の僧たち。
「御念仏の僧ども、―、奈良方」〈栄花・楚王の夢〉

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

山方
やまがた

茨城県北部、那珂(なか)郡にあった旧町名(山方町(まち))。現在は常陸大宮(ひたちおおみや)市の北東部を占める一地区。1947年(昭和22)町制施行。1955年諸富野(もろとの)、下小川(しもおがわ)、世喜(せき)、塩田(しおた)4村の各一部を編入。2004年(平成16)、美和(みわ)村、緒川(おがわ)村、御前山(ごぜんやま)村とともに大宮町に編入(大宮町は市制施行して常陸大宮市となる)。旧町域は、久慈(くじ)川を挟んで八溝(やみぞ)山地と久慈山地をもつ山間地域。JR水郡(すいぐん)線と国道118号が通じる。長く佐竹氏が支配し、近世は水戸藩領。南郷(なんごう)街道の宿場として、また久慈川と那珂川の各水運を結ぶ河岸町(かしまち)として栄えた。肉牛飼育が多く、コンニャク、ソバ、シイタケ、和紙や砕石、砂利、木材の産がある。古い起源をもつ西の内紙(手漉(す)き和紙)は、工芸技術として国の選択無形文化財となっている。江戸後期、コンニャクの粉末化技術を開発した中島藤右衛門の出生地(旧諸沢(もろさわ)村)。奥久慈県立自然公園に属し、キャンプ場、淡水魚館がある。[櫻井明俊]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

山方の関連キーワード茨城県常陸大宮市泉茨城県常陸大宮市小倉茨城県常陸大宮市小野茨城県常陸大宮市北塩子茨城県常陸大宮市北町茨城県常陸大宮市北富田茨城県常陸大宮市高部茨城県常陸大宮市野田茨城県常陸大宮市舟生茨城県常陸大宮市山方

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone

山方の関連情報