コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

浮かれ坊主 うかれぼうず

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

浮かれ坊主
うかれぼうず

歌舞伎舞踊曲。清元 (原曲は常磐津願人坊主』) 。本名題『七枚続 (しちまいつづき) 花の姿絵』。七変化の一つ。文化8 (1811) 年江戸市村座で,3世坂東三津五郎が初演。作詞2世桜田治助,作曲3世岸沢古式部,振付1世藤間勘十郎。街頭で代願をする芸人の願人坊主が,ふんどしに黒の衣を引っかけただけの半裸な姿で踊り,ちょぼくれをする風俗舞踊。 1929年6世尾上菊五郎が上演した際に,5世清元延寿太夫が清元に改曲し,同じく清元の『女雲助』 (文政 11〈1828〉頃) からまぜこぜ踊り (流行歌をつなぎ合せた節を用いる) が取入れられた。本調子で,軽妙な曲である。幕切れは悪玉の面を着けた踊りとなっている。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

世界大百科事典 第2版の解説

うかれぼうず【浮かれ坊主】

歌舞伎舞踊。清元。原曲の常磐津《願人坊主》は,1811年(文化8)3月江戸市村座で3世坂東三津五郎により初演された。七変化《七枚続花の姿絵(しちまいつづきはなのすがたえ)》の一つ。6世尾上菊五郎が1929年にこれを清元に改めて復活してから表記の題名に定着,人気舞踊の一つになった。半僧半俗で代願・代参をした乞食坊主の大道芸人としての姿を舞踊化した作品。菊五郎の再演以来,可憐な《羽根の禿(かむろ)》から一転して裸同然の《浮かれ坊主》に変わることが多い。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について 情報

大辞林 第三版の解説

うかれぼうず【浮かれ坊主】

浮かれ歩く坊主。
歌舞伎所作事。1811年に三世坂東三津五郎が七変化舞踊「七枚続花の姿絵」中で清元の「願人坊主」として初演。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

世界大百科事典内の浮かれ坊主の言及

【願人坊主】より

…手桶,銭錫杖を持ち,また悪玉の面をつけて滑稽,軽妙な踊りをみせる。昭和になって6世尾上菊五郎が清元節による舞踊《浮かれ坊主》として復活し好評を得た。【西形 節子】。…

※「浮かれ坊主」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

浮かれ坊主の関連キーワード歌舞伎舞踊弄斎節悪身

今日のキーワード

ムガベ大統領

1924年、英植民地の南ローデシア(現ジンバブエ)生まれ。解放闘争に参加し、80年にジンバブエを独立に導いた。同年から首相、87年から大統領として実権を握り続けた。2000年以降は白人農場主の農園を強...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android