コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

浮田和民 うきた かずたみ

4件 の用語解説(浮田和民の意味・用語解説を検索)

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

浮田和民 うきた-かずたみ

1860*-1946 明治-昭和時代前期の政治学者。
安政6年12月28日生まれ。熊本バンドのひとり。はじめ同志社でおしえ,明治40年早大教授。雑誌「太陽」の主幹をつとめ,同誌を中心に立憲主義的立場から評論活動を展開。昭和21年10月28日死去。88歳。肥後(熊本県)出身。同志社英学校(現同志社大)卒。著作に「倫理的帝国主義」など。
【格言など】教育者は天に代りて人を造るものである

出典|講談社 この辞書の凡例を見る
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

世界大百科事典 第2版の解説

うきたかずたみ【浮田和民】

1859‐1946(安政6‐昭和21)
政治学者。大正デモクラシー運動初期の理論的な指導者の一人。熊本県出身。熊本洋学校,同志社卒業後,イェール大学に留学。同志社教授を経て1898年東京専門学校(現,早稲田大学)の教授に就任。その後1941年まで同校で教鞭をとるかたわら言論界で活躍。ことに明治・大正期の代表的な総合雑誌《太陽》の主幹(1907‐17)として,〈内に立憲主義,外に帝国主義(経済的帝国主義)〉の統一的な促進を力説したばかりか,吉野作造大山郁夫らの民本主義者にも強い影響を与え,民本主義の理論的先駆者となった。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

大辞林 第三版の解説

うきたかずたみ【浮田和民】

1859~1946) 政治学者。熊本県生まれ。早大教授。総合雑誌「太陽」の主筆となり、大正デモクラシーの先駆的な役割を果たした。主著「倫理的帝国主義」

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

浮田和民
うきたかずたみ
(1859―1946)

明治から大正時代の政治学者。大正デモクラシー運動初期の代表的な思想家。安政(あんせい)6年12月28日、熊本藩士の子として生まれる。熊本洋学校、同志社英学校(同志社大学の前身)卒業。エール大学に留学。同志社大学教授を経て、1897年(明治30)東京専門学校(早稲田(わせだ)大学の前身)の教授に就任。その後1941年(昭和16)まで同校で教鞭(きょうべん)をとるかたわら、評論活動を精力的に展開。ことに明治後半期から大正期の代表的な総合雑誌『太陽』の主幹(1909~17)として、内政=立憲主義と、外交=帝国主義(経済的帝国主義)との統一的な促進を唱導し、民本主義の理論的先駆者としての役割をも果たした。代表作として『倫理的帝国主義』(1909・隆文館)がある。昭和21年10月28日死去。[栄沢幸二]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

浮田和民の関連キーワード野田笛浦僧信海長野たきデントン政字銀井上篤太郎今井五介原恒太郎沢村源之助

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone

浮田和民の関連情報