浴びる(読み)アビル

デジタル大辞泉「浴びる」の解説

あ・びる【浴びる】

[動バ上一][文]あ・ぶ[バ上二]
上から注がれた物を身に受ける。
㋐水・湯などを勢いよくからだに受ける。「シャワーを—・びる」「ひと風呂—・びる」「—・びるほど酒を飲む」
㋑細かいものや光などを全体に受ける。「車の舞い上げた土ぼこりを—・びる」「砲火を—・びる」「夕日を—・びる」
(打撃となるような)ある行為を受ける。「強烈な一発を—・びて倒れる」
感情的な言葉や質問などを続けざまに受ける。「罵声ばせいを—・びる」「喝采かっさいを—・びる」「視線を—・びる」
[用法]あびる・かぶる——どちらも、水・ほこりなどを全身に受けることを表すが、「かぶる」のほうがからくまなく覆い尽くす意味合いが強い。◇「水を浴びる」「ひと風呂浴びる」は、からだをきれいにしたり、くつろぐことを目的にからだに水をかけたり湯に入ったりすることである。「水をかぶる」は水垢離みずごりのように頭から多量の水をかけることで、「が水をかぶる」は水中に没するという意に使われる。◇「日差しを浴びる」「非難を浴びる」とはいうが、「かぶる」とはいわない。「波をかぶる」「責任をかぶる」とはいうが、「浴びる」とはいわない。
[類語]被る掛かる

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

今日のキーワード

国民栄誉賞

内閣総理大臣表彰の一つ。1977年内閣総理大臣の福田赳夫の決裁により設けられた。「広く国民に敬愛され,社会に明るい希望を与えることに顕著な業績のあった者」に贈られる。第1回受賞者はプロ野球選手の王貞治...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android