コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

浴びる アビル

2件 の用語解説(浴びるの意味・用語解説を検索)

デジタル大辞泉の解説

あ・びる【浴びる】

[動バ上一][文]あ・ぶ[バ上二]
上から注がれた物を身に受ける。
㋐水・湯などを勢いよくからだに受ける。「シャワーを―・びる」「ひと風呂―・びる」「―・びるほど酒を飲む」
㋑細かいものや光などを全体に受ける。「車の舞い上げた土ぼこりを―・びる」「砲火を―・びる」「夕日を―・びる」
(打撃となるような)ある行為を受ける。「強烈な一発を―・びて倒れる」
感情的な言葉や質問などを続けざまに受ける。「罵声(ばせい)を―・びる」「喝采(かっさい)を―・びる」「視線を―・びる」
[用法]あびる・かぶる――どちらも、水・ほこりなどを全身に受けることを表すが、「かぶる」のほうが頭からくまなく覆い尽くす意味合いが強い。◇「水を浴びる」「ひと風呂浴びる」は、からだをきれいにしたり、くつろぐことを目的にからだに水をかけたり湯に入ったりすることである。「水をかぶる」は水垢離(みずごり)のように頭から多量の水をかけることで、「稲が水をかぶる」は水中に没するという意に使われる。◇「日差しを浴びる」「非難を浴びる」とはいうが、「かぶる」とはいわない。「波をかぶる」「責任をかぶる」とはいうが、「浴びる」とはいわない。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

大辞林 第三版の解説

あびる【浴びる】

( 動上一 ) [文] バ上二 あ・ぶ
水などを大量に、体全体に受ける。かぶる。他人にかけられる場合と、自分自身がかける場合とがある。 「トラックのはねた泥水を-・びる」 「シャワーを-・びる」
光線やたくさんの細かいものを体全体に受ける。かぶる。 「舞台でライトを-・びる」 「ほこりを-・びる」 「集中砲火を-・びる」
大勢の人から非難・賞賛や質問の言葉を受ける。 「非難を-・びる」 「喝采かつさいを-・びる」 〔「浴びせる」に対する自動詞〕
[慣用] 脚光を-

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

浴びるの関連キーワード田舎びる錆びる禿びる鄙びる潤びる待ち侘びる詫びる落延びる黴びる皺びる

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone

浴びるの関連情報