コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

海水ウラン採取 かいすいウランさいしゅ uranium extraction from seawater

2件 の用語解説(海水ウラン採取の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

海水ウラン採取
かいすいウランさいしゅ
uranium extraction from seawater

海水中に含まれる3~3.5ppbというきわめて微量のウランを取り出す方法。地球上の全海水量を 1.37×109km3 とすると海水中に含まれるウランの総量は約 45億tと膨大な量になるため,ウラン資源確保の方策の一つとして研究開発が続けられてきた。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版の解説

かいすいウランさいしゅ【海水ウラン採取】

海水中に存在するウランを商業的に採取すること。海水1t中には平均3mg(平均濃度3ppb)程度のウランが含まれており,地球全体では海水中のウランの総量は約45億tに及ぶといわれる。これは地中に存在するウラン鉱推定埋蔵量よりもはるかに多く,採取が経済的に可能であれば,ウランの原料事情は大きく変わることになり,1960年代より各国で研究が開始された。しかしこの採取にはいくつかの問題点がある。最も大きな問題は,ウランの濃度がきわめて希薄なため,大量の海水を処理しなければならないことである。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

海水ウラン採取の関連キーワードウラン濃縮鉱山実存商業的農業厳存実在天然ウランコーヒー酸縮分法無作為化

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone