コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

赤道気団 せきどうきだんequatorial air mass

5件 の用語解説(赤道気団の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

赤道気団
せきどうきだん
equatorial air mass

赤道地域に発生する高温で湿潤な海洋性気団。赤道海洋気団ともいう。大気は高温多湿で対流不安定であり,驟雨夕立が発生しやすい。日本付近で発生する台風梅雨前線による集中豪雨などは,赤道方面からの赤道気団による暖湿気流が原因である場合が多い。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

デジタル大辞泉の解説

せきどう‐きだん〔セキダウ‐〕【赤道気団】

赤道地方に発生する高温多湿の気団。梅雨台風のおりに北上して日本付近に強い風と激しい雨をもたらす。

出典|小学館
デジタル大辞泉について | 情報 凡例

百科事典マイペディアの解説

赤道気団【せきどうきだん】

赤道付近の海洋上で形成される高温多湿の気団。台風襲来時や梅雨後期などに日本の上空に流入し大雨を降らせる。赤道を越えて流入してきた他半球の熱帯気団をさすこともある。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
百科事典マイペディアについて | 情報

大辞林 第三版の解説

せきどうきだん【赤道気団】

赤道地方を発源地とする高温・多湿な気団。日本付近へは台風とともにやって来ることがある。

出典|三省堂
大辞林 第三版について | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

赤道気団
せきどうきだん

赤道地方に現れる気団。主として海洋性で上層まで高温多湿。成層が不安定なので背の高い積乱雲が発達する。台風の北上に伴って現れ大雨をもたらすことがある。日本付近に現れる赤道気団を南洋気団とよぶこともある。[饒村 曜]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

世界大百科事典内の赤道気団の言及

【気団】より

…それは気団が作られる地域の熱的特性に従って,北極気団(A),寒帯気団(P),熱帯気団(T)に分けている。赤道気団や上空の気団を加える人もいるが,その範囲や意味に異同がある。さらに熱帯気団と寒帯気団は形成域が大陸上か海洋上かで大陸性(c)と海洋性(m)に分けられる。…

※「赤道気団」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

百条委員会

地方自治体が議決により設置する特別委員会の一つ。名称は「地方自治法第100条」に基づく。百条委員会は、地方公共団体の事務に関する調査を行い、関係者への聞き取りや記録の提出を請求、拒否した者には罰則が科...

続きを読む

コトバンク for iPhone