コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

海洋温度差発電 かいようおんどさはつでんocean thermal energy conversion; OTEC

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

海洋温度差発電
かいようおんどさはつでん
ocean thermal energy conversion; OTEC

海洋の表層水と深海水との温度差を利用する発電方式。熱帯地方の海洋では,表面の水は太陽熱で暖められており,深さ 500~600mほどのところの海水との間には約 20℃の温度差がある。発電の原理は,熱交換器を介して暖かい表層水でフロンやアンモニアなどの作業流体を蒸発させてタービンを回し,ポンプで汲上げた深海の冷水で蒸気を水に戻すサイクルを繰返すというもの。着想としては古く 1881年にフランスの物理学者 J.ダルソンバルによって提案されている。世界的に実験が始められており,100kW発電成功の報告もある。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

デジタル大辞泉の解説

かいよう‐おんどさはつでん〔カイヤウヲンドサハツデン〕【海洋温度差発電】

海水の、暖かい表層水と冷たい深層水の温度差を利用した発電。OTEC(ocean thermal energy conversion)。オテック。→温度差発電

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

百科事典マイペディアの解説

海洋温度差発電【かいようおんどさはつでん】

オテック(ocean thermal energy conversion)とも。海面と海底の水温の差を利用した発電。沸点の低い流体(アンモニア,フロンなど)を海面の熱で気化させてタービンを回し発電機で発電する。
→関連項目新エネルギー

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて | 情報

大辞林 第三版の解説

かいようおんどさはつでん【海洋温度差発電】

海上と深海との温度差を利用して行う発電。アンモニアなどの熱媒体を海上で気化させて発電用タービンを駆動し、使用後のガスを深海から汲み上げた冷水で冷却液化する。温度差は摂氏10~20度で可能。温度差発電。 OTEC 。

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

世界大百科事典内の海洋温度差発電の言及

【温度差発電】より

…海洋温度差発電のことをいう。海洋表層の温水(20℃以上)と深海の冷水(数℃くらい)との温度差を利用して行う発電。…

※「海洋温度差発電」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

海洋温度差発電の関連キーワード再生可能エネルギー海水温度差発電海洋深層水海洋発電熱媒体摂氏海上

今日のキーワード

優曇華

《〈梵〉udumbaraの音写「優曇波羅」の略。霊瑞、希有と訳す》1㋐インドの想像上の植物。三千年に一度その花の咲くときは転輪聖王が出現するという。㋑きわめてまれなことのたとえ。2 クサカゲロウ類が産...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android