海潮温泉(読み)うしおおんせん

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

海潮温泉
うしおおんせん

島根県東部,雲南市斐伊川の支流赤川の渓流沿いに湧出する温泉。単純泉硫酸塩泉で,泉温は 31~48℃。神経痛リウマチ痔疾に効能があるといわれる。奈良時代の発見といわれる山間の静かな湯治場で,伝統芸能神代神楽 (じんだいかぐら) で知られる。付近にはゲンジボタルの生息地やカツラ巨木 (国の天然記念物) がある。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

海潮温泉
うしおおんせん

島根県東部、雲南(うんなん)市大東(だいとう)町中湯石(なかゆいし)にある温泉。斐伊(ひい)川の支流赤川沿いの山あいに湧(わ)く。『出雲国風土記(いずものくにふどき)』に「須我(すが)の小川の湯淵の村の川中に温泉あり」と記され、奈良時代に発見されたという。近世には藩主松平治郷(はるさと)の来遊をみている。大正期には隠岐(おき)からも毎年温泉講をつくって入湯したという。泉質は無色透明な硫酸塩泉。赤川はホタルで有名。近くにある古代鉄歌謡館で神代神楽(かぐら)の定期公演が行われている。松江駅からバスが通じる。[野本晃史]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

今日のキーワード

余震

初めの大きい地震に引き続いて,その震源周辺に起こる規模の小さい地震の総称。大きい地震ほど余震の回数が多く,余震の起こる地域も広い。余震域の長径の長さは,地震断層の長さにほぼ対応している。マグニチュード...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android