コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

海部灘 かいふなだ

2件 の用語解説(海部灘の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

海部灘
かいふなだ

徳島県南東部,阿南市蒲生田岬から南方,海陽町まで続く海域。約 50kmの海岸に臨む。広義には高知県室戸岬付近まで含むこともある。牟岐町を境として,北部の上灘と南部の下灘に分かれる。甲浦湾,宍喰湾,那佐湾,日和佐湾,由岐湾の小湾があるが,屈曲は少ない。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

海部灘
かいふなだ

広義には、四国南東部、徳島県阿南(あなん)市の蒲生田(かもだ)岬から高知県室戸(むろと)市室戸岬にかけての太平洋に臨む沿岸部を指すが、狭義には旧阿波国海部郡(徳島県海部郡)域の沿岸部をいう。広義の場合、北東部にあたる徳島県域の沿岸を東灘目(延長155キロメートル)、南西部にあたる高知県域の沿岸部を西灘目(延長49キロメートル)とよんで二分。同じく狭義の場合も、北東部の現在の徳島県海部郡美波(みなみ)町、牟岐(むぎ)町の沿岸部を上灘、南西部の同郡海陽(かいよう)町の沿岸部を下灘とよんで二分する。ただし、この上灘・下灘の二区分は、広く山間部をも含んだ旧海部郡を二分する通称として用いられる場合が多かった。広義の海部灘の海岸線は海食崖、砂浜、岩礁、海岸段丘などと変化に富み、ほとんどが室戸阿南海岸国定公園の指定域である。[高木秀樹]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

海部灘の関連キーワード蒲生蒲生田原発と日高原発山形県南陽市蒲生田徳島県阿南市大潟町徳島県阿南市宝田町郡徳島県阿南市辰己町徳島県阿南市椿町蒲生田徳島県阿南市椿町宝野徳島県阿南市出来町徳島県阿南市那賀川町古津

今日のキーワード

パラチオン、パラチオンメチル

パラチオンは無色で油状の液体、パラチオンメチルはコハク色の液体。ともに毒性が強く、有機リン系殺虫剤として使用された。50年代以降、稲の害虫被害を防ぐことが確認され、広く導入された。しかし、農民の中毒死...

続きを読む

コトバンク for iPhone