コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

海馬島 カイバトウ

デジタル大辞泉の解説

かいば‐とう〔‐タウ〕【海馬島】

サハリン(樺太)の南西部の小島。西能登呂(のとろ)(クリリオン)岬の西約80キロメートルに浮かぶ。ロシア語名モネロン島トドアシカなどの海獣や、エトピリカをはじめとする海鳥が数多く生息する。1945年(昭和20)以前の日本領時代にはいくつかの漁村があり、ニシン、タラ、昆布を産した。1983年(昭和58)9月、付近の海域大韓航空機撃墜事件が発生したことでも知られる。

とど‐じま【海馬島】

歯舞群島東部にある小島。無人島。第二次大戦後はソ連、のちにロシア連邦の統治下。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

海馬島
かいばとう

南樺太(からふと)の西能登呂(のとろ)(クリリオン)岬西方約80キロメートルの海上にある小島。旧称(アイヌ名)トドモシリ島。フランス人探検家ラ・ペルーズの命名およびロシア名はモネロンМонерон/Moneron島。ロシア連邦サハリン州の所属。南北に長く約7キロメートル、面積16平方キロメートル。中央に台南岳(438メートル)がそびえる。下部は第三紀層の堆積(たいせき)岩、上部は火山岩よりなる。季節により、トド(海馬)、アシカのほか、エトピリカなどの海鳥も多く生息する。第二次世界大戦前は樺太庁本斗(ほんと)支庁に属し、海馬村の人口は751(1942)であった。古丹(こたん)、鴎沢(かもめざわ)などの漁村があって、ニシン、タラ、ナマコ、コンブなどを産した。1983年(昭和58)9月、付近の海域で大韓航空機撃墜事件が発生した。[渡辺一夫]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

海馬島の関連キーワード本荘 堅宏志田 力二サハリン渡辺一夫本荘堅宏志田力二海驢島海馬

今日のキーワード

だまし面接

企業が面談や懇談会と称して就職活動中の学生を呼び出し、実質的には学生を選考する偽装面接のこと。2016年卒業の大学生に対する選考活動の開始時期を、従来の4月1日から8月1日以降へと後ろ倒しする主旨の「...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android