コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

海馬島 カイバトウ

3件 の用語解説(海馬島の意味・用語解説を検索)

デジタル大辞泉の解説

かいば‐とう〔‐タウ〕【海馬島】

サハリン(樺太)の南西部の小島。西能登呂(のとろ)(クリリオン)岬の西約80キロメートルに浮かぶ。ロシア語モネロン島。トドやアシカなどの海獣や、エトピリカをはじめとする海鳥が数多く生息する。1945年(昭和20)以前の日本領時代にはいくつかの漁村があり、ニシン、タラ、昆布を産した。1983年(昭和58)9月、付近の海域で大韓航空機撃墜事件が発生したことでも知られる。

とど‐じま【海馬島】

歯舞群島東部にある小島。無人島第二次大戦後はソ連、のちにロシア連邦の統治下。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

海馬島
かいばとう

南樺太(からふと)の西能登呂(のとろ)(クリリオン)岬西方約80キロメートルの海上にある小島。旧称(アイヌ名)トドモシリ島。フランス人探検家ラ・ペルーズの命名およびロシア名はモネロンМонерон/Moneron島。ロシア連邦サハリン州の所属。南北に長く約7キロメートル、面積16平方キロメートル。中央に台南岳(438メートル)がそびえる。下部は第三紀層の堆積(たいせき)岩、上部は火山岩よりなる。季節により、トド(海馬)、アシカのほか、エトピリカなどの海鳥も多く生息する。第二次世界大戦前は樺太庁本斗(ほんと)支庁に属し、海馬村の人口は751(1942)であった。古丹(こたん)、鴎沢(かもめざわ)などの漁村があって、ニシン、タラ、ナマコ、コンブなどを産した。1983年(昭和58)9月、付近の海域で大韓航空機撃墜事件が発生した。[渡辺一夫]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

海馬島の関連キーワード樺太コルサコフ宗谷海峡豊原ホルムスクユジノサハリンスク海豹島樺太犬サハリンサハリンの朝鮮人

今日のキーワード

信長協奏曲(コンツェルト)

石井あゆみによる漫画作品。戦国時代にタイムスリップした現代の高校生が病弱な織田信長の身代わりとして生きていく姿を描く。『ゲッサン』2009年第1号から連載開始。小学館ゲッサン少年サンデーコミックス既刊...

続きを読む

コトバンク for iPhone

海馬島の関連情報