コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

涅/皂 クリ

デジタル大辞泉の解説

くり【×涅/×皂】

水底によどむ黒い土。黒色の染料に使用される。
「金(こがね)の―に黒まず、蓮(はちす)の水にそまぬが如くなり」〈沙石集・二〉
涅色(くりいろ)のこと。
「―にすれども黒まざるの理なり」〈風流志道軒伝・五〉

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

大辞林 第三版の解説

くり【涅】

水の底によどんだ黒い土。黒色の染料として用いる。 〔和名抄〕
「涅色くりいろ」の略。 〔新撰字鏡〕

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

涅/皂の関連キーワード日本人(人類学)釈迦金棺出現図マグネシウムニルバーナ真下喜太郎荒井庄十郎更衣の別れ寂滅為楽出離生死ネットー近藤篤山新撰字鏡有余涅槃菊池契月涅槃西風涅槃宗涅槃図涅槃会金属学入涅槃

今日のキーワード

明鏡止水

《「荘子」徳充符から》曇りのない鏡と静かな水。なんのわだかまりもなく、澄みきって静かな心の状態をいう。「明鏡止水の心境」...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android