コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

消費・家計統計 しょうひかけいとうけい

1件 の用語解説(消費・家計統計の意味・用語解説を検索)

世界大百科事典 第2版の解説

しょうひかけいとうけい【消費・家計統計】

世帯が生活を営むうえで所得を得,消費財サービスを購入しあるいは貯蓄をするという経済活動を〈家計〉といい,この家計の状況を把握する統計を消費統計または家計統計という。この家計統計を得る調査のおもなものには,総務庁統計局(1984年6月以前は総理府統計局)が全国の世帯のうち,農林漁家および単身者世帯を除いた世帯を対象として実施している家計調査および農林水産省が農家世帯を対象として実施している農家経済調査がある。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

消費・家計統計の関連キーワード耐久消費財理論生計費受忍限度生活協同組合生活苦世帯薬生活動線ホームウエディング最終消費財消費者物価指数(CPI)

今日のキーワード

カルテット

四重唱および四重奏。重唱,重奏の形態のなかで最も基本的なもので,声楽ではルネサンスの多声歌曲の形式であるシャンソンやフロットラから始り長い歴史をもつ。器楽も同様で,特に弦楽四重奏は室内楽の全レパートリ...

続きを読む

コトバンク for iPhone