コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

消費・家計統計 しょうひかけいとうけい

世界大百科事典 第2版の解説

しょうひかけいとうけい【消費・家計統計】

世帯が生活を営むうえで所得を得,消費財やサービスを購入しあるいは貯蓄をするという経済活動を〈家計〉といい,この家計の状況を把握する統計を消費統計または家計統計という。この家計統計を得る調査のおもなものには,総務庁統計局(1984年6月以前は総理府統計局)が全国の世帯のうち,農林漁家および単身者世帯を除いた世帯を対象として実施している家計調査および農林水産省が農家世帯を対象として実施している農家経済調査がある。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報