コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

深守法親王 しんしゅほうしんのう

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

深守法親王 しんしゅほうしんのう

1323-1391 南北朝時代,邦良(くによし)親王の第3王子。
元亨(げんこう)3年生まれ。母は尾張局(おわりのつぼね)。後二条天皇の孫。暦応(りゃくおう)4=興国2年(1341)出家。大金剛院にはいり,権(ごんの)僧正となる。光明(こうみょう)法皇猶子となって,親王宣下(せんげ)をうける。二品(にほん)にのぼり,永徳3=弘和(こうわ)3年(1383)大覚寺門主となった。明徳2=元中8年4月15日死去。69歳。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

深守法親王の関連キーワード南北朝時代元亨