コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

深層流 しんそうりゅうdeep sea current

4件 の用語解説(深層流の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

深層流
しんそうりゅう
deep sea current

深海の深層部にある深層水の流れ。深層水は1~2℃の低温で,表層水が沈降して深層水となりうるのは南極大陸周辺と北大西洋グリーンランド近海だけで,この深層水が次第に湧昇流を伴いながら全世界の深層に流れていき,大循環をしているとみられる。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

デジタル大辞泉の解説

しんそう‐りゅう〔‐リウ〕【深層流】

海洋の深層にみられる海流。北大西洋および南極大陸周辺において冷水塊が沈降し、大循環をなすと考えられている。→海洋大循環

出典|小学館
デジタル大辞泉について | 情報 凡例

大辞林 第三版の解説

しんそうりゅう【深層流】

海洋の深層にみられる海水の流れ。表層の海流とともに海洋大循環に関与する。

出典|三省堂
大辞林 第三版について | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

深層流
しんそうりゅう
deep current

海の深層の流れであるが、どこを深層とよぶのか明確な定義はない。主水温躍層(永久水温躍層)の直下から海底までをさすことが多いようである。深層の海水は流れていないとされていたが、20世紀の中ごろにこの考えは否定された。毎秒10センチメートルを超える流れも珍しくない。世界中の海水大循環の重要部分であり、地球気候や海の二酸化炭素吸収などにも大きな働きをしている。[高野健三]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

今日のキーワード

百条委員会

地方自治体が議決により設置する特別委員会の一つ。名称は「地方自治法第100条」に基づく。百条委員会は、地方公共団体の事務に関する調査を行い、関係者への聞き取りや記録の提出を請求、拒否した者には罰則が科...

続きを読む

コトバンク for iPhone