コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

清水春流 しみずしゅんりゅう

3件 の用語解説(清水春流の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

清水春流
しみずしゅんりゅう

[生]寛永3(1626).名古屋
[没]元禄10(1697)頃
江戸時代前期の俳人,儒者。通称,孫三郎。名,仁。春流は字。俳号,不存。釣虚散人,吸月居士とも称した。俳諧は早くから松永貞徳鶏冠井 (かえでい) 令徳につき,尾張国最初の撰集『尾陽発句帳』 (1651) を編んだ。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

清水春流 しみず-しゅんりゅう

1626-? 江戸時代前期の儒者,俳人。
寛永3年生まれ。漢学,易学,禅をおさめ,松永貞徳(ていとく),鶏冠井令徳(かえでい-りょうとく)に俳諧(はいかい)をまなぶ。慶安5年の尾張(おわり)俳人の撰集「尾陽発句帳」刊行以降は,儒学,古典を講じ,詩作にふけった。尾張(愛知県)出身。名は仁。通称は孫三郎。号は釣虚散人(ちょうこさんじん)など。俳号は不存。著作に「釣虚散人法語」など。

出典|講談社 この辞書の凡例を見る
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

朝日日本歴史人物事典の解説

清水春流

没年:没年不詳(没年不詳)
生年:寛永3(1626)
江戸前期の儒学者,俳諧師。名は仁,字春流,通称孫三郎,釣虚子,吸月居士と号し,俳名は不存。名古屋の人。少年期より儒ならびに俳諧を嗜み,禅理,易学にも通じた雑学家。尾張俳人選集『尾陽発句帳』の刊行や『続徒然草』の執筆など注目すべき啓蒙活動があるが,晩年には黄檗僧とも交わり彼土の新文化を摂取する。近世初期に通例の,博識を舌講によってひさぐタイプの学者で,朱子学のみならず儒仏老三教一致の志向があったが,本領は心性の工夫浄化をむねとする心学的色彩の濃い道学にあった。漢詩集『釣虚詩集』『難波百絶詩章』『心詩百詠』『桑名百詠』には単なる仲間内の贈答詩や題詠でない内省的なものも混じる。<参考文献>上野洋三「清水春流攷」(大谷篤蔵編『近世大阪芸文叢談』)

(宮崎修多)

出典|朝日日本歴史人物事典:(株)朝日新聞出版
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

清水春流の関連キーワード朝山素心三浦玄亀三宅擔庵古筆了雪貞門漢儒次韻推重林鵝峰蔭山休安

今日のキーワード

パラチオン、パラチオンメチル

パラチオンは無色で油状の液体、パラチオンメチルはコハク色の液体。ともに毒性が強く、有機リン系殺虫剤として使用された。50年代以降、稲の害虫被害を防ぐことが確認され、広く導入された。しかし、農民の中毒死...

続きを読む

コトバンク for iPhone