コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

清水登之 しみずとし

2件 の用語解説(清水登之の意味・用語解説を検索)

百科事典マイペディアの解説

清水登之【しみずとし】

画家。栃木県生れ。成城学校卒,1907年渡米。1917年ニューヨークのアート・スチューデンツ・リーグに学ぶ。1924年渡仏,サロン・ドートンヌで入選。1926年帰国,二科会会友となる。
→関連項目栃木県立美術館

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

清水登之 しみず-とし

1887-1945 大正-昭和時代前期の洋画家。
明治20年1月1日生まれ。40年渡米し,シアトルでフォッコ=タダマに,ニューヨークでジョン=スローンらにまなぶ。大正13年渡仏し,昭和2年帰国。二科展に出品し,「大麻収穫」「分譲地」で樗牛(ちょぎゅう)賞,「地に憩ふ」で二科賞を受賞。のち独立美術協会創立に参加。昭和20年12月7日死去。59歳。栃木県出身。成城学校卒。

出典|講談社 この辞書の凡例を見る
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

世界大百科事典内の清水登之の言及

【アメリカ美術】より

…アメリカでは19世紀末ごろジャポニスムが隆盛し,20世紀初頭には〈フェノロサ・ダウ方式〉という日本画の筆づかい等をとり入れた日本式美術教育が実施された。清水登之(とし)(1887‐1945),国吉康雄,石垣栄太郎(1893‐1958),野田英夫(1908‐39)らは,例外的にアメリカで学び活動した画家で,1910‐40年代にアメリカの現実社会をやや哀愁を帯びた調子で描いた。第2次大戦後は,アメリカ美術が日本の現代美術に直接大きな影響を与える。…

【国吉康雄】より

…同校でダウンタウンの風俗をおもに描いていたアメリカ画壇の指導的画家ミラーKenneth Hayes Miller(1876‐1952)の薫陶を受ける。授業は画学生の個性を引き出そうとする自由な方針で,同校には清水登之(とし)(1887‐1945),石垣栄太郎(1893‐1958),北川民次などの日本人画家も入学している。国吉は在学中に反アカデミズムを標榜する美術家集団ペンギン・クラブの会員となり,また同時代美術の擁護者H.I.フィールドの知遇を受けた。…

※「清水登之」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

清水登之の関連キーワード田中静壱稲毛金七榎昌大石源治大久保百合子坂井大輔竹内端三西健森下彰子吉本貞一

今日のキーワード

平野美宇

卓球選手。2000年4月14日、静岡県生まれ、山梨県育ち。3歳で卓球を開始。07年に小学1年生で全日本選手権大会バンビの部優勝、09年に小学2年生で同大会ジュニアの部初出場を果たし、注目を集めた。13...

続きを読む

コトバンク for iPhone

清水登之の関連情報