コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

清水良雄 しみず よしお

2件 の用語解説(清水良雄の意味・用語解説を検索)

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

清水良雄 しみず-よしお

1891-1954 大正-昭和時代の洋画家,童画家。
明治24年8月4日生まれ。文展で大正6年「西片町の家」,7年「二人の肖像」,帝展で8年「梨花」と連続特選。帝展審査員,光風会会員。7年の創刊から鈴木三重吉の雑誌「赤い鳥」の表紙絵・口絵を手がけた。昭和2年武井武雄らと日本童画家協会を結成。昭和29年1月29日死去。62歳。東京出身。東京美術学校(現東京芸大)卒。

出典|講談社
デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

清水良雄
しみずよしお
(1891―1954)

洋画家、童画家。東京本郷に生まれ、東京美術学校西洋画科卒業。光風会に属して活躍し、帝展無鑑査出品の資格をもつ。1918年(大正7)鈴木三重吉(みえきち)の『赤い鳥』創刊にあたって表紙絵・口絵・挿絵を担当、大正期児童文化興隆の波のなかで第一級の童画家となり、精確なデッサンと豊麗な色彩で子供の夢を紡いだ。27年(昭和2)、武井武雄、初山滋(しげる)らと日本最初の児童出版美術家の団体である日本童画家協会を結成。太平洋戦争中に広島県芦品(あしな)郡戸手(とで)村(現福山市新市(しんいち)町)へ疎開、その地に没した。[上笙一郎]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

世界大百科事典内の清水良雄の言及

【絵本】より

… ついで大正中期に模範家庭文庫を出した冨山房で,楠山正雄の《画(え)とお話の本》3冊(1925‐26)を出したが,その画家たちは,大正中期に輩出した絵雑誌のプールに負っている。1914年に《子供之友》,21年に《コドモノクニ》,23年に《コドモアサヒ》が出て,岡本帰一,清水良雄,武井武雄,川上四郎,初山滋,村山知義,本田庄太郎たちがそれらによって活躍した。武井武雄は,彼と彼の影響に立つ画家たちの様式性の強い画風を立てて,24年に童画と呼ぶに至り,27年に日本童画家協会を設立,対立的に新ニッポン童画会もできたが,両会とも写実をもたない安易な類型に陥ったにすぎなかった。…

※「清水良雄」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
世界大百科事典 第2版について | 情報

清水良雄の関連キーワード新聞小説佐原健二プリンスセダン AISH-2型小島信夫いわき(市)自衛隊次郎長三国志ゴンチャロフ畠山勇子ブラキストン

今日のキーワード

エンゲルの法則

家計の総消費支出に占める飲食費の割合 (エンゲル係数 Engel coefficientと呼ぶ) は,所得水準が高く,したがって総消費支出が大きいほど低下するというもの。エンゲル係数は国民の消費生活面...

続きを読む

コトバンク for iPhone

清水良雄の関連情報