武井武雄(読み)タケイタケオ

百科事典マイペディアの解説

武井武雄【たけいたけお】

童画家・版画家・童話作家。長野県生れ。東京美術学校卒業。1927年日本童画家協会創立に参予,1946年日本童画会を結成。〈童画〉の語を用いた最初の画家で,児童向け絵雑誌《コドモノクニ》などに童画を寄稿し,絵本の制作,児童小説の創作に活躍する一方,日本版画協会に所属して木版画を発表した。著書に童話集《お噺の卵》(1923年),童話《ペスト博士の夢》(1924年),《ラムラム王》(1926年)などがある。画文集《戦中年儘画帖》《戦後年儘画帖》(1973年)は,第2次大戦前後の世相を知る上で貴重。玩具の研究も行い,《日本郷土玩具》を出版。→児童画

出典 株式会社平凡社百科事典マイペディアについて 情報

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

武井武雄 たけい-たけお

1894-1983 大正-昭和時代の童画家。
明治27年6月25日生まれ。大正11年創刊の絵雑誌「コドモノクニ」で活躍,13年はじめて童画の語をもちいた。版画や絵本の制作,創作童話,印刷・造本にも力をそそいだ。昭和58年2月7日死去。88歳。長野県出身。東京美術学校(現東京芸大)卒。著作に「本とその周辺」,画文集「戦後気儘画帳」など。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

世界大百科事典 第2版の解説

たけいたけお【武井武雄】

1894‐1983(明治27‐昭和58)
童画家,版画家,童話作家。長野県岡谷市に生まれる。東京美術学校卒業。〈童画〉の語を用いた最初の画家で,《コドモノクニ》などの児童向け絵雑誌に童画を寄稿し,絵本の制作,児童小説の創作に励み,その振興に尽力する一方,日本版画協会に所属し,童心の世界を描いた清新な木版画を発表した。玩具研究家でもあり,《日本郷土玩具》を出版した。なお著書《戦中年儘画帖》《戦後年儘画帖》は第2次大戦前後の世相,思想を知る貴重な資料である。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

大辞林 第三版の解説

たけいたけお【武井武雄】

1894~1983) 童画家・版画家。長野県生まれ。東京美術学校卒。デフォルメの強い清新な画風で知られ、造本芸術にもすぐれた。著「お噺はなしの卵」など。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

武井武雄
たけいたけお
(1894―1983)

童画家、版画家、書物工芸家、童話作家。長野県岡谷市に生まれ、東京美術学校西洋画科を卒業。大正末期に絵雑誌『コドモノクニ』の童画家として出発したが、驚くべき多面的な才能を発揮した。童画家、版画家としてはデフォルメの強い個性的な画風で多くの仕事があり、童話作家としては『お噺(はなし)の卵』『ペスト博士の夢』『ラムラム王』などの作品がある。また、本文・挿絵・印刷・造本をすべて自身で行う造本芸術にも情熱をもち、139冊の作品をつくった。出版美術の著作権擁護にも尽力し、89歳で没した。作品集に『武井武雄作品集』全三冊(筑摩書房)があり、童画・絵本論集に『本とその周辺』がある。[上笙一郎]
『『本とその周辺』(中公文庫) ▽武井武雄著『赤ノッポ青ノッポ』(1982・集英社) ▽斎藤正一著『百三十九冊の不思議な本――武井武雄の刊本作品』(1984・文化出版局)』

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

世界大百科事典内の武井武雄の言及

【絵本】より

… ついで大正中期に模範家庭文庫を出した冨山房で,楠山正雄の《画(え)とお話の本》3冊(1925‐26)を出したが,その画家たちは,大正中期に輩出した絵雑誌のプールに負っている。1914年に《子供之友》,21年に《コドモノクニ》,23年に《コドモアサヒ》が出て,岡本帰一,清水良雄,武井武雄,川上四郎,初山滋,村山知義,本田庄太郎たちがそれらによって活躍した。武井武雄は,彼と彼の影響に立つ画家たちの様式性の強い画風を立てて,24年に童画と呼ぶに至り,27年に日本童画家協会を設立,対立的に新ニッポン童画会もできたが,両会とも写実をもたない安易な類型に陥ったにすぎなかった。…

※「武井武雄」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

夏至

二十四節気の一つであるが,二至 (夏至,冬至) ,二分 (春分,秋分) の四季の中央におかれた中気。夏至は太陰太陽暦の5月中 (5月の後半) のことで,太陽の黄経が 90°に達した日 (太陽暦の6月 ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android