コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

超昇寺 ちょうしょうじ

2件 の用語解説(超昇寺の意味・用語解説を検索)

世界大百科事典 第2版の解説

ちょうしょうじ【超昇寺】

奈良市にあった寺。超勝寺とも書く。平城天皇の皇子高丘(たかおか)親王(出家して法名を真如(しんによ)という)が,835年(承和2)楊梅(やまもも)宮の跡地をたまわって創建した。10世紀の末,興福寺の清海がこの寺に住み,7日間の大念仏(超昇寺大念仏)を始め,極楽浄土曼荼羅をえがいた。これを〈清海曼荼羅〉といい,日本の浄土三曼荼羅の一つに数えられている。中世の戦乱により衰退し,江戸初期にはわずかに堂1宇を残すのみとなり,隆光が復興につとめたが,ついに廃絶した。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

超昇寺
ちょうしょうじ

奈良県生駒(いこま)郡都跡(みあと)村(現奈良市)にあった廃寺。超勝寺とも書く。835年(承和2)真如(しんにょ)法親王の創建。正暦(しょうりゃく)年間(990~995)清海(せいかい)が当寺に入って念仏堂を建立し、超昇寺大念仏を始め、清海曼荼羅(まんだら)として有名な浄土変相(へんそう)をつくって安置した。その後、寺門大いに栄えたが、1459年(長禄3)の被災後しだいに衰えた。1709年(宝永6)護持院隆光(ごじいんりゅうこう)が隠棲(いんせい)し復興に努めたが、のちついに廃絶した。[若林隆光]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

超昇寺の関連キーワード元興寺大安寺不退寺法勝寺奈良大学勝間田の池最勝寺青竜寺奈良山雪園

今日のキーワード

大寒

二十四節気の一つ。元来,太陰太陽暦の 12月中 (12月後半) のことで,太陽の黄経が 300°に達した日 (太陽暦の1月 20日か 21日) から立春 (2月4日か5日) の前日までの約 15日間で...

続きを読む

コトバンク for iPhone