コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

超昇寺 ちょうしょうじ

世界大百科事典 第2版の解説

ちょうしょうじ【超昇寺】

奈良市にあった寺。超勝寺とも書く。平城天皇の皇子高丘(たかおか)親王(出家して法名真如(しんによ)という)が,835年(承和2)楊梅(やまもも)宮の跡地をたまわって創建した。10世紀の末,興福寺清海がこの寺に住み,7日間の大念仏(超昇寺大念仏)を始め,極楽浄土の曼荼羅をえがいた。これを〈清海曼荼羅〉といい,日本の浄土三曼荼羅の一つに数えられている。中世の戦乱により衰退し,江戸初期にはわずかに堂1宇を残すのみとなり,隆光が復興につとめたが,ついに廃絶した。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

超昇寺
ちょうしょうじ

奈良県生駒(いこま)郡都跡(みあと)村(現奈良市)にあった廃寺。超勝寺とも書く。835年(承和2)真如(しんにょ)法親王の創建。正暦(しょうりゃく)年間(990~995)清海(せいかい)が当寺に入って念仏堂を建立し、超昇寺大念仏を始め、清海曼荼羅(まんだら)として有名な浄土変相(へんそう)をつくって安置した。その後、寺門大いに栄えたが、1459年(長禄3)の被災後しだいに衰えた。1709年(宝永6)護持院隆光(ごじいんりゅうこう)が隠棲(いんせい)し復興に努めたが、のちついに廃絶した。[若林隆光]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

超昇寺の関連キーワード十五大寺高岳親王奈良市不退寺義叡壱演

今日のキーワード

だまし面接

企業が面談や懇談会と称して就職活動中の学生を呼び出し、実質的には学生を選考する偽装面接のこと。2016年卒業の大学生に対する選考活動の開始時期を、従来の4月1日から8月1日以降へと後ろ倒しする主旨の「...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android