コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

清海曼荼羅 せいかいまんだら

2件 の用語解説(清海曼荼羅の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

清海曼荼羅
せいかいまんだら

阿弥陀浄土図の一種。長徳2 (996) 年奈良,超昇寺の僧清海が感得したと伝え,奈良時代に成立した『当麻 (たいま) 曼荼羅』や『智光曼荼羅』とともに浄土三曼荼羅と称される。原本は失われたが後世の転写本によれば,紺絹地に金銀泥で描き,画面周縁に配した蓮華中に『観無量寿経』十六観の要文を記すのが特色。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

清海曼荼羅
せいかいまんだら

浄土三大曼荼羅(當麻(たいま)曼荼羅、智光(ちこう)曼荼羅)の一つ。超昇寺(ちょうしょうじ)曼荼羅ともいう。平安中期に活躍した大和(やまと)(奈良県)超昇寺の清海が、996年(長徳2)に當麻曼荼羅を模して藕糸(ぐうし)(ハスの繊維)でつくったといわれるが、原本は失われている。通常は模本の一種である奈良国立博物館本(奈良・極楽(ごくらく)寺旧蔵)や成覚(じょうかく)寺・浄土寺本をいう。成覚寺・浄土寺本の系統では、外縁に蓮華(れんげ)形を巡らせ、十六観文偈文(げもん)を記している。一説には中国の原本に基づいて図絵されたとも伝える。[真鍋俊照]
『真鍋俊照著『曼荼羅の美術』(1979・小学館)』

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典内の清海曼荼羅の言及

【超昇寺】より

…10世紀の末,興福寺の清海がこの寺に住み,7日間の大念仏(超昇寺大念仏)を始め,極楽浄土の曼荼羅をえがいた。これを〈清海曼荼羅〉といい,日本の浄土三曼荼羅の一つに数えられている。中世の戦乱により衰退し,江戸初期にはわずかに堂1宇を残すのみとなり,隆光が復興につとめたが,ついに廃絶した。…

※「清海曼荼羅」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

清海曼荼羅の関連キーワード阿弥陀堂当麻曼荼羅南無阿弥陀仏阿弥陀ヶ峰阿弥陀号阿弥陀法西方阿弥陀山越え阿弥陀阿弥陀浄土阿弥陀浄土院跡

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone