コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

清海曼荼羅 せいかいまんだら

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

清海曼荼羅
せいかいまんだら

阿弥陀浄土図の一種。長徳2 (996) 年奈良,超昇寺の僧清海が感得したと伝え,奈良時代に成立した『当麻 (たいま) 曼荼羅』や『智光曼荼羅』とともに浄土三曼荼羅と称される。原本は失われたが後世の転写本によれば,紺絹地に金銀泥で描き,画面周縁に配した蓮華中に『観無量寿経』十六観の要文を記すのが特色。その浄土の図様は概して『智光曼荼羅』に近いが,仏菩薩の数を増し,より複雑な景観を示す。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

清海曼荼羅
せいかいまんだら

浄土三大曼荼羅(當麻(たいま)曼荼羅、智光(ちこう)曼荼羅)の一つ。超昇寺(ちょうしょうじ)曼荼羅ともいう。平安中期に活躍した大和(やまと)(奈良県)超昇寺の清海が、996年(長徳2)に當麻曼荼羅を模して藕糸(ぐうし)(ハスの繊維)でつくったといわれるが、原本は失われている。通常は模本の一種である奈良国立博物館本(奈良・極楽(ごくらく)寺旧蔵)や成覚(じょうかく)寺・浄土寺本をいう。成覚寺・浄土寺本の系統では、外縁に蓮華(れんげ)形を巡らせ、十六観文偈文(げもん)を記している。一説には中国の原本に基づいて図絵されたとも伝える。[真鍋俊照]
『真鍋俊照著『曼荼羅の美術』(1979・小学館)』

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

世界大百科事典内の清海曼荼羅の言及

【超昇寺】より

…10世紀の末,興福寺の清海がこの寺に住み,7日間の大念仏(超昇寺大念仏)を始め,極楽浄土の曼荼羅をえがいた。これを〈清海曼荼羅〉といい,日本の浄土三曼荼羅の一つに数えられている。中世の戦乱により衰退し,江戸初期にはわずかに堂1宇を残すのみとなり,隆光が復興につとめたが,ついに廃絶した。…

※「清海曼荼羅」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

清海曼荼羅の関連キーワードグレゴリウス5世オットー3世学習漢字ユーグカペーアジーズ枕草子ユーグ・カペーユーグカペーカペー家教育漢字

今日のキーワード

異常天候早期警戒情報

5日から 8日先を最初の日とする 7日間の平均気温がかなり高い,またはかなり低い確率が 30%以上と見込まれる場合に注意を呼びかけるため気象庁から発表される情報。低温や猛暑が長く続くと,人の活動や農作...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android