コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

減収推定 げんしゅうすいてい

世界大百科事典 第2版の解説

げんしゅうすいてい【減収推定】

諸作物の収量を予想する場合に行う作業で,作物が気象災害(冷害風水害など)によって被害を受けた場合に,被害を受けない場合(基準収量)に比べてどの程度減収したかを推定すること。その減収程度が30%(場合によっては20%)以上となると,その程度に応じて,農家の掛金と国の資金補助のもとに行われている共済制度によって,共済金が支払われ災害補償が行われる。対象作物はイネ,ムギ,果樹,野菜,畑作物などとなっていて,ほとんどの作物に及んでいる。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

主婦休みの日

1、5、9月の25日。年3回。株式会社サンケイリビング新聞社が制定。主婦にはリフレッシュ、ほかの家族には家事を提唱する。年末年始、ゴールデンウィーク、夏休みといった忙しい期間の後に設定されている。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

減収推定の関連情報