コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

農業災害補償制度 のうぎょうさいがいほしょうせいど

3件 の用語解説(農業災害補償制度の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

農業災害補償制度
のうぎょうさいがいほしょうせいど

第2次世界大戦前の農業および家畜の両保険制度を再編成し拡充したもの。旧法に基づく権利義務はすべて農業共済組合農業共済保険組合に受継がれた。この制度は農業災害に対する農民保険を目的とするもので,掛け金の一部国庫負担を義務づけており,農業共済組合を末端に,この組合の元受保険を農業共済保険が行い,それを国が再保険する仕組みになっている。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

農林水産関係用語集の解説

農業災害補償制度

自然災害、病虫害等の農業災害によって受ける損失を保険の仕組みにより補てんすることにより、農業経営の安定を図り、農業生産力の発展に資することを目的とする、農業災害補償法に基づく制度。
この制度により運用される事業を「農業共済」といい、「NOSAI」の俗称もある。

出典|農林水産省
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版の解説

のうぎょうさいがいほしょうせいど【農業災害補償制度】

農業生産は天候その他自然条件の影響を大きく受け,豊凶の変動が大きいので,経営と生産の安定のためには凶作に備える補償制度が必要である。またその性質上民間の保険に任せることも困難であるため,国の財政補助によって農業災害補償制度が成立している。この制度は古くは江戸時代の社倉などにもつながっており,明治維新後は,1880年に備荒儲蓄(ちよちく)法が制定されている。現在の制度の直接の発端は1929年公布の家畜保険法であり,これはとくに有畜農業の振興を目的としていた。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

農業災害補償制度の関連キーワード粗放農業農業経済学(中山間地域等直接支払制度)集落協定農業の交易条件農業のもつ多面的機能農業生産関連事業農業立地農産物生産費農業生産合作社農業生産様式

今日のキーワード

パラチオン、パラチオンメチル

パラチオンは無色で油状の液体、パラチオンメチルはコハク色の液体。ともに毒性が強く、有機リン系殺虫剤として使用された。50年代以降、稲の害虫被害を防ぐことが確認され、広く導入された。しかし、農民の中毒死...

続きを読む

コトバンク for iPhone

農業災害補償制度の関連情報