コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

湖上住居 こじょうじゅうきょlake dwellings

2件 の用語解説(湖上住居の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

湖上住居
こじょうじゅうきょ
lake dwellings

湖中に柱などを打ち,それを基礎にしてその上に建築した住居。杭上住居ともいう。新石器時代青銅器時代スイスの住居が著名で,19世紀中頃の大干魃のときに多数発見された。長い間水中にあったため有機物の保存がよく,動植物の遺存体が数多く発見され,当時の生活環境,生活条件の復元に多大の資料を提供し,研究の進展に寄与した。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

百科事典マイペディアの解説

湖上住居【こじょうじゅうきょ】

湖岸の湿地に建てられた住居で,形式としては杭上(こうじょう)住居に属する。新石器時代青銅器時代にスイスを中心としたアルプス高地の湖沼地帯の湖上住居が知られている。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
百科事典マイペディアについて | 情報

世界大百科事典内の湖上住居の言及

【杭上住居】より

…【杉本 尚次】
[先史時代の杭上住居]
 1853‐54年,スイスのチューリヒ湖の水面が異常に下がったことから,湖底に無数の杭が立って残り,周囲に莫大な量の新石器時代の土器,石器,木製品などが散乱している状況が見いだされたことを契機として,アルプスを中心とするスイス,ドイツ,北イタリアで,続々同種の集落遺跡が見いだされた。研究の当初は,湖水面上に家が立ち並んだものと理解されており,日本でもlake dwellingを訳した湖上住居の名が普及した。しかし,現在では湖畔に杭を立てその上に家を設けたとする説が最も有力であって湖上住居と呼ぶことが不適当となっている。…

※「湖上住居」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

稀勢の里寛

1986- 平成時代の力士。昭和61年7月3日生まれ。中学卒で鳴戸部屋に入門し,平成14年3月初土俵。16年5月新十両,同年11月には18歳4ヵ月で新入幕をはたす。18年7月新三役小結,21年3月新関...

続きを読む

コトバンク for iPhone