コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

湧玉池 ワクタマイケ

4件 の用語解説(湧玉池の意味・用語解説を検索)

デジタル大辞泉の解説

わくたま‐いけ【湧玉池】

静岡県富士宮市の、浅間神社の境内にある湧泉(ゆうせん)。富士山伏流からなり、名水として知られる。特別天然記念物

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

百科事典マイペディアの解説

湧玉池【わくたまいけ】

静岡県富士宮市,浅間神社の境内にある湧泉(特別天然記念物)。お壺とも。富士山の伏流水が湧出するもので,その量は毎秒3.6m3。古くから富士山の登拝者が水垢離(みずごり)をとる所として知られている。
→関連項目富士宮[市]

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

世界大百科事典 第2版の解説

わくたまいけ【湧玉池】

静岡県富士宮市の富士山本宮浅間神社(浅間神社)の境内東側にある池。富士山麓湧泉群の一つで,御手洗(みたらし)池,玉泉洞とも呼ばれ,特別天然記念物に指定されている。富士山の伏流水が溶岩の境界から湧出しており,湧水量は春に少なく,秋に多い。水温は低く,マスが放流されている。この湧水による白糸ノ滝は富士山麓の名所の一つとして有名である。【北川 光雄】

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

日本の地名がわかる事典の解説

〔静岡県〕湧玉池(わくたまいけ)


静岡県富士宮(ふじのみや)市、富士山本宮浅間(せんげん)大社境内にある湧水(ゆうすい)池。富士登山者の潔斎(けっさい)の池として知られた。国指定特別天然記念物。かつては富士山の地下水が毎秒3.6キロリットル湧出。近年、湧水量は減少している。玉泉(ぎょくせん)洞・御手洗(みたらし)池とも。

出典|講談社 この辞書の凡例を見る
(C)Kodansha.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

湧玉池の関連キーワード浅間神社富士山本宮浅間大社山宮浅間神社静岡県富士宮市浅間町静岡県富士宮市西山静岡県富士宮市根原静岡県富士宮市人穴静岡県富士宮市宮町静岡県富士宮市村山静岡県富士宮市山本

今日のキーワード

ワールド・ベースボール・クラシック

メジャーリーグ機構、メジャーリーグ選手会が音頭をとってスタートした野球の世界一決定戦。2006年の第1回は16カ国が参加。4組に分かれて1次リーグを行い、各上位2カ国が米国に移って2リーグの2次予選、...

続きを読む

コトバンク for iPhone

湧玉池の関連情報