コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

湧玉池 ワクタマイケ

百科事典マイペディアの解説

湧玉池【わくたまいけ】

静岡県富士宮市,浅間神社の境内にある湧泉(特別天然記念物)。お壺とも。富士山の伏流水が湧出するもので,その量は毎秒3.6m3。古くから富士山の登拝者が水垢離(みずごり)をとる所として知られている。
→関連項目富士宮[市]

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて 情報

世界大百科事典 第2版の解説

わくたまいけ【湧玉池】

静岡県富士宮市の富士山本宮浅間神社(浅間神社)の境内東側にある池。富士山麓湧泉群の一つで,御手洗(みたらし)池,玉泉洞とも呼ばれ,特別天然記念物に指定されている。富士山の伏流水が溶岩の境界から湧出しており,湧水量は春に少なく,秋に多い。水温は低く,マスが放流されている。この湧水による白糸ノ滝は富士山麓の名所の一つとして有名である。【北川 光雄】

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について 情報

日本の地名がわかる事典の解説

〔静岡県〕湧玉池(わくたまいけ)


静岡県富士宮(ふじのみや)市、富士山本宮浅間(せんげん)大社境内にある湧水(ゆうすい)池。富士登山者の潔斎(けっさい)の池として知られた。国指定特別天然記念物。かつては富士山の地下水が毎秒3.6キロリットル湧出。近年、湧水量は減少している。玉泉(ぎょくせん)洞・御手洗(みたらし)池とも。

出典 講談社日本の地名がわかる事典について 情報 | 凡例

湧玉池の関連キーワード富士箱根伊豆国立公園静岡県富士宮市富士宮(市)御手洗池地下水水垢離玉泉潔斎

今日のキーワード

いい夫婦の日

11月22日。通商産業省(現経済産業省)が制定。パートナーへの感謝の意を示し、絆を深める。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android