コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

湯ノ小屋温泉 ゆノこやおんせん

2件 の用語解説(湯ノ小屋温泉の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

湯ノ小屋温泉
ゆノこやおんせん

群馬県北部のみなかみ町にある温泉。水上温泉郷の最奥にあたる。利根川の源流に近い湯ノ小屋沢川沿いと洞元湖に面して数軒の旅館がある。泉質は単純泉。泉温は 40~85℃。神経痛や胃腸病にきくといわれる。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

湯ノ小屋温泉
ゆのこやおんせん

群馬県利根(とね)郡みなかみ町にある温泉。利根川上流の人造湖洞元(どうげん)湖の東方に位置し、尾瀬の鳩待(はとまち)峠に行く通路にあたり、尾瀬奥利根林道が通じる。原始林に囲まれた静かな環境で、昔は木こりのいで湯であった。泉質は単純温泉。JR上越新幹線上毛高原駅、上越線水上駅からバスの便がある。[村木定雄]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

今日のキーワード

稀勢の里寛

1986- 平成時代の力士。昭和61年7月3日生まれ。中学卒で鳴戸部屋に入門し,平成14年3月初土俵。16年5月新十両,同年11月には18歳4ヵ月で新入幕をはたす。18年7月新三役小結,21年3月新関...

続きを読む

コトバンク for iPhone

湯ノ小屋温泉の関連情報