コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

湯ヶ野[温泉] ゆがの

百科事典マイペディアの解説

湯ヶ野[温泉]【ゆがの】

静岡県河津町,河津川上流の河岸にわく温泉。石膏泉。46〜54℃。保養向きの温泉で,天城越え旧道も残り,川端康成の小説《伊豆の踊子》の舞台になった。付近に河津七滝がある。
→関連項目河津[町]

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて | 情報

世界大百科事典 第2版の解説

ゆがの【湯ヶ野[温泉]】

静岡県伊豆半島南部,賀茂郡河津町にある温泉。単純泉,52℃。天城峠の南,河津川渓谷に位置し,今井浜温泉谷津温泉峰温泉,七滝(ななだる)温泉とともに河津温泉郷を形成する。町営国民宿舎をはじめ旅館,民宿があるが,ひなびた情緒が残る。1903年に天城トンネルが開通し,16年に下田大仁(おおひと)間がバスで結ばれて以来利用客が増え,川端康成の小説《伊豆の踊子》(1926)の舞台になってからは全国的に知られるようになった。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

大義

1 人として守るべき道義。国家・君主への忠義、親への孝行など。「大義に殉じる」2 重要な意義。大切な事柄。「自由平等の大義を説く」...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android