コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

満奇洞 マキドウ

3件 の用語解説(満奇洞の意味・用語解説を検索)

デジタル大辞泉の解説

まき‐どう【満奇洞】

岡山県中西部、カルスト台地の阿哲台にある鍾乳洞。洞口の高さ4メートル、幅1.5メートル、洞内の総延長約450メートル、最大幅25メートル。中に「夢の宮殿」と呼ばれる地底湖がある。県指定天然記念物、高梁(たかはし)川上流県立自然公園特別区域。名の由来は、歌人与謝野晶子が「奇に満ちた洞」と詠んだことから。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本の地名がわかる事典の解説

〔岡山県〕満奇洞(まきどう)


岡山県新見(にいみ)市南東部、吉備(きび)高原北部、石灰岩台地の阿哲台(あてつだい)にある鍾乳洞(しょうにゅうどう)。閉塞(へいそく)型の横穴式洞窟(どうくつ)で、歌人与謝野鉄幹(よさのてっかん)・与謝野晶子(あきこ)夫妻が命名した。総延長約450m。夢の宮殿・竜宮(りゅうぐう)などとよばれるホールに石筍(せきじゅん)ほかの石灰生成物が発達し、洞内湖を有する。

出典|講談社 この辞書の凡例を見る
(C)Kodansha.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

満奇洞
まきどう

岡山県西部、新見(にいみ)市豊永赤馬(とよながあこうま)にある鍾乳(しょうにゅう)洞。県指定天然記念物で、高梁(たかはし)川上流県立自然公園の特別地域になっている。石灰岩台地の阿哲(あてつ)台にあり、洞の入口の高さ4メートル、幅1.5メートル、総延長約450メートル、最大幅25メートル。洞名は地名の槇(まき)にちなんで与謝野鉄幹(よさのてっかん)・晶子(あきこ)夫妻が命名した。洞内には鍾乳石、石筍(せきじゅん)などがよく発達している。JR伯備(はくび)線新見駅と井倉駅からバスの便がある。[由比浜省吾]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

満奇洞の関連キーワード吉備高原新見市新見公立大学新見備前新見藩新見[市]新見荘新見嘉兵衛山岡元貞

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone

満奇洞の関連情報