コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

溶融めっき ようゆうめっき

3件 の用語解説(溶融めっきの意味・用語解説を検索)

百科事典マイペディアの解説

溶融めっき【ようゆうめっき】

溶融金属中に被めっき物を浸漬(しんせき)してめっきする方法。俗にどぶ漬とも。亜鉛,スズ,アルミニウムなどのめっきが行われるが,今日では利用度が低い。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

世界大百科事典 第2版の解説

ようゆうめっき【溶融めっき hot dip coating】

溶融金属中に被処理材を浸したのち引き上げて表面に金属被覆を形成させる方法で,どぶ漬などとも呼ばれる。被処理材が加熱による変質を受ける温度よりも低い融点の金属しかめっきできない。めっき金属としてはアルミニウム,スズ,亜鉛,鉛などが用いられる。とくに溶融亜鉛めっきは鉄鋼材料の防食の目的に広く用いられ,ガルバナイジングhot dip galvanizingと呼ばれる。管,線,板,形材など,さまざまな形状のものが処理される。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

溶融めっき
ようゆうめっき
hot dipping

溶融した金属中に品物を一定時間浸漬(しんし)したのち引き上げ、付着した溶融金属を品物表面で凝固させて金属被覆層を得る方法。鉄鋼の防食を目的として溶融亜鉛めっき、溶融アルミニウムめっき、溶融スズめっき、溶融鉛めっきなどが行われている。溶融亜鉛めっき鋼板はトタン板、溶融スズめっき鋼板はブリキ板、そして15~20%スズを含む鉛‐スズ合金めっき鋼板はターンプレートtern plateとよばれている。溶融めっき法により厚いめっき層が得られるので、長期間防食効果を保てるが、めっき層と下地金属との間にもろい合金層が形成されることが多いので、溶融めっき鋼板の加工性は一般によくない。[杉本克久]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

溶融めっきの関連キーワード鉱滓湯道押湯掻き上げる車引網突上げ戸引上げ巻上げ法溶融飛灰

今日のキーワード

災害派遣

天災地変その他の災害に際して,人命または財産の保護のために行なわれる自衛隊の派遣。災害出動ともいう。都道府県知事などの要請に基づいて,防衛大臣が派遣することを原則とするが,特に緊急を要する場合,要請を...

続きを読む

コトバンク for iPhone

溶融めっきの関連情報