コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

溶融塩炉 ようゆうえんろmolten salt reactor

世界大百科事典 第2版の解説

ようゆうえんろ【溶融塩炉 molten salt reactor】

燃料としてウランやトリウムの低融点塩類を溶融状態で使用する液体燃料原子炉。具体的にはLiF,BeF2,ThF4,UF4などのフッ化物の混合体で低融点のものが使われる(上記成分の混合比が,71.7,16.0,12.0,0.3各モルパーセントの場合,融点は約500℃である)。この原子炉は,燃料液体が冷却材,つまり熱輸送媒体を兼ねており炉構造を単純にできること,その温度が高いので熱効率がよいこと,減速材に黒鉛を使うことによりトリウムを親物質とする増殖炉とすることが可能であること,さらに乾式再処理工程を付設することにより,燃料を連続的に再処理できることなどの特徴を有する。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について 情報

デジタル大辞泉の解説

ようゆうえん‐ろ【溶融塩炉】

溶融塩核燃料物質を溶解させた液体燃料を循環させて熱を取り出す原子炉核燃料物質として、トリウムおよびウランフッ化物を用いる。1950年代に米国で開発された技術だが、トリウム資源が豊富にあることや、兵器に転用可能なプルトニウムの生成量が微量で核拡散抵抗性に優れていることなどから、第四世代原子炉の一つとして開発が進められている。MSR(molten salt reactor)。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

世界大百科事典内の溶融塩炉の言及

【原子炉】より

…研究炉にも多い。溶融塩炉燃料が液状の溶融塩である原子炉。アメリカでかつて動いていたMSREが唯一のもので,現状で稼働中のものはない。…

※「溶融塩炉」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

溶融塩炉の関連キーワード溶融塩発電炉熱効率減速材混合比冷却材増殖炉

今日のキーワード

だまし面接

企業が面談や懇談会と称して就職活動中の学生を呼び出し、実質的には学生を選考する偽装面接のこと。2016年卒業の大学生に対する選考活動の開始時期を、従来の4月1日から8月1日以降へと後ろ倒しする主旨の「...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android