コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

滑川温泉 なめがわおんせん

2件 の用語解説(滑川温泉の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

滑川温泉
なめがわおんせん

山形県南東部,米沢市の吾妻山北麓前川の渓谷に沿う温泉。標高約 850mにある吾妻十湯の一つ。寛保2 (1742) 年発見と伝えられる。泉質は硫化水素泉。泉温は 45~55℃。神経痛,リウマチ切り傷に効能。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

滑川温泉
なめかわおんせん

山形県南端、米沢(よねざわ)市にある温泉。吾妻(あづま)連峰の北東中腹、標高850メートル。前川上流の渓谷中にある一軒宿。江戸中期に大沢の郷士斎藤盛房が、川の岩を滑った際に発見したといわれ、その名がついた。磐梯(ばんだい)朝日国立公園に含まれ、付近には滑川大滝、布引滝などあり、新緑・紅葉期の渓谷美がすばらしい。泉質は硫黄泉。JR奥羽本線峠(とうげ)駅から5キロメートル。[中川 重]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

滑川温泉の関連キーワード山形県米沢市吾妻町山形県米沢市大町山形県米沢市城南山形県米沢市李山山形県米沢市関根山形県米沢市東山形県米沢市福田山形県米沢市門東町山形県米沢市矢来山形県米沢市

今日のキーワード

大寒

二十四節気の一つ。元来,太陰太陽暦の 12月中 (12月後半) のことで,太陽の黄経が 300°に達した日 (太陽暦の1月 20日か 21日) から立春 (2月4日か5日) の前日までの約 15日間で...

続きを読む

コトバンク for iPhone

滑川温泉の関連情報