滑川温泉(読み)なめがわおんせん

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

滑川温泉
なめがわおんせん

山形県南東部,米沢市の吾妻山北麓前川の渓谷に沿う温泉。標高約 850mにある吾妻十湯の一つ。寛保2 (1742) 年発見と伝えられる。泉質は硫化水素泉。泉温は 45~55℃。神経痛リウマチ切り傷に効能。約 300種を集めた高山植物園および紅葉が有名。吾妻連峰への登山口。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

デジタル大辞泉プラスの解説

滑川温泉

山形県米沢市にある温泉。吾妻連峰の北東中腹、標高約850mに位置する。近くに日本の滝100選に選定された滑川大滝がある。

出典 小学館デジタル大辞泉プラスについて 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

滑川温泉
なめかわおんせん

山形県南端、米沢市(よねざわし)にある温泉。吾妻(あづま)連峰の北東中腹、標高850メートル。前川上流の渓谷中にある一軒宿。江戸中期に大沢の郷士斎藤盛房が、川の岩を滑った際に発見したといわれ、その名がついた。磐梯(ばんだい)朝日国立公園に含まれ、付近には滑川大滝、布引滝などあり、新緑・紅葉期の渓谷美がすばらしい。泉質は硫黄泉。JR奥羽本線峠(とうげ)駅から5キロメートル。[中川 重]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

アポ電詐欺

《「アポ」は「アポイントメント」の略》電話を使用した振り込め詐欺の一。身内の者になりすまして電話番号が変わったと伝え、再度電話して金銭を要求したり、役所の担当者や銀行員などになりすまして電話をかけ、後...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android