コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

滞船料 たいせんりょうdemurrage

翻訳|demurrage

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

滞船料
たいせんりょう
demurrage

船舶が約定期間を超過して停泊した期間の港費 (とん税や港湾施設使用料など) その他諸経費,あるいは次の航海にかかわる損失などに対して,用船者または荷主から船主に対して支払われる料金。 (1) 狭義には,契約上定められた停泊日数 (定めがないときは相当期間) を超過して滞船させた場合に支払われるべき約定金で,その額があらかじめ定められているもの,(2) 広義には,超過停泊日数に対して支払うべき金額があらかじめ定められていない場合,または,滞船料支払いによって停泊させることのできる日数を超過して停泊させた場合に支払われる料金,の2つがある。 (1) は本来の意味での滞船料で,(2) は停泊損害賠償金に相当する。日本の商法では,滞船料を一種の賠償金と運賃の中間的なものと見なしている。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

百科事典マイペディアの解説

滞船料【たいせんりょう】

デマレージ。停泊料用船契約による停泊期間中に荷役が完了しなかったとき(天災などの場合を除く),船主が用船者または荷主に請求する約定金。その性質については一種の割増運賃とみる説と,損害賠償金とみる説とがある。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて 情報

世界大百科事典 第2版の解説

たいせんりょう【滞船料 demurrage】

貨物運送契約で約定された港湾停泊期間内に荷役が完了しないため(ただし,天災による場合を除く),この約定期間を超えてさらに停泊することによって生ずる港費やその他の出費の増加,あるいは次航配船スケジュールへの支障等から被る船会社の損失を,荷主が補償する意味で支払う金額を指す。〈停泊料〉ともいう。滞船料の料率は,一般にそのときの定期用船料を基礎とし,これに本船が超過停泊のために支出する燃料費,港費および通船料等の諸経費を考慮して,1日1重量トン当りいくらと定められる。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

滞船料
たいせんりょう

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

滞船料の関連キーワードデマレージ碇泊料

今日のキーワード

いい夫婦の日

11月22日。通商産業省(現経済産業省)が制定。パートナーへの感謝の意を示し、絆を深める。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android