コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

潮力発電 チョウリョクハツデン

百科事典マイペディアの解説

潮力発電【ちょうりょくはつでん】

満潮,干潮の潮差を落差として利用する発電方式。満潮時に貯水,干潮時に放出して水車を回転,発電する。フランスのランス川河口(干満差13.5m)に世界初の潮力発電所(24万kW)が1966年建設された。
→関連項目クリーンエネルギー発電波力発電

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて 情報

世界大百科事典 第2版の解説

ちょうりょくはつでん【潮力発電 generation by tidal power】

潮の干満を利用した発電。潮汐発電ともいう。原理的には低落差の水力発電である。干満の落差の大きい場所に堤防を作り,満潮時に水門を開いて貯水池に海水をため,干潮時に放流しつつ発電を行う。満潮時の充水時にも発電を行う2方向の発電方式も考えられる。 フランスのランスに24万kWの潮力発電所が建設され,1967年以来運転されている。いまのところ海洋エネルギーを発電に利用し電力系統に供給している唯一の例であるが,低落差で効率よく発電できる水車などが開発されれば実施例が広がるものと思われる。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について 情報

大辞林 第三版の解説

ちょうりょくはつでん【潮力発電】

潮の干満の差を利用して発電する方式。潮汐ちようせき発電。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

潮力発電
ちょうりょくはつでん

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

世界大百科事典内の潮力発電の言及

【海洋開発】より

…しかし発電コストはまだ高く,商業用として実用化するにはさらに工夫を要する。 潮力発電(潮汐発電)ではフランスのランス河口付近で潮汐差13.5mを利用して作られた24万kWの発電所がある。潮汐利用であるから発電は時間的に変動する。…

※「潮力発電」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

潮力発電の関連キーワード海洋エネルギー資源利用推進機構アサン(牙山)郡サン・マロ湾海域総合利用ポンプ水車振動発電泰安半島

今日のキーワード

ムガベ大統領

1924年、英植民地の南ローデシア(現ジンバブエ)生まれ。解放闘争に参加し、80年にジンバブエを独立に導いた。同年から首相、87年から大統領として実権を握り続けた。2000年以降は白人農場主の農園を強...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android