コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

潮汐発電 ちょうせきはつでん tidal power generation

6件 の用語解説(潮汐発電の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

潮汐発電
ちょうせきはつでん
tidal power generation

潮汐作用のもつエネルギーを利用した発電。潮汐の干満差が特に大きいところで研究開発されているが,フランスのサンマロでは,1967年ランス川河口にダムを建設し,平均9~14mの潮位差を利用して出力 24万 kW,年間 5.4億 kWhの電力を発電している。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

知恵蔵の解説

潮汐発電

潮汐発電は、潮汐で生じる潮位差を利用してタービンを回転させ、発電する方式。フランスのランス河口に世界初(1967年)、世界最大の24万kWの潮汐発電所がある。日本で潮位差が大きいのは有明海だが、開発計画はない。波力発電は、波の運動エネルギーを電力に変換する方式。波の運動で空気の圧力を高め発電する航路標識ブイは、1000基以上実用例がある。日本周辺の海岸では波力エネルギーが大きく、幅1m当たり平均13kWとされる。潮流のある海にタービンを設置して回転力から電力を得るのが潮流発電

(槌屋治紀 システム技術研究所所長 / 2007年)

出典|(株)朝日新聞出版発行「知恵蔵」
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉の解説

ちょうせき‐はつでん〔テウセキ‐〕【潮×汐発電】

潮力発電

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

百科事典マイペディアの解説

潮汐発電【ちょうせきはつでん】

潮力発電

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

大辞林 第三版の解説

ちょうせきはつでん【潮汐発電】

潮力ちようりよく発電 」に同じ。

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

潮汐発電
ちょうせきはつでん
power generation from the tide

上げ潮で貯水池に海水を満たし、下げ潮で貯水池の海水を海に落とすときの落差を利用してタービンを回して発電すること。貯水池に海水が流れこむ際にもタービンを回すことはできる。潮汐(海面の上下運動)を起こすのは海水の水平方向の運動(潮流)であり、潮流で水車などを回すのは潮流利用であって、潮汐利用ではない。
 人間活動は太陽の(見かけ上の)運行にほぼ支配されているが、潮汐はおもに月の運行に支配されている。そのため、潮汐発電の出力の日変動は電力需要の日変動と食い違ってしまうことが、潮汐発電の欠点とされていた。複数の貯水池を水門で結べば、この欠点はある程度解消するが、水門開閉の操作(時刻)が複雑なうえに、広い土地が必要となる。ポンプを使って貯水池に海水を汲み込み、貯水池の水位をさらに高めたり、貯水池から海水を汲み出して貯水池の水位をさらに下げる、という操作を適切に行えば、単一の貯水池であっても出力の変動はどのようにも変えられることが20世紀の中ごろにわかった。しかも、ポンプ使用によって余分に得られる電力は、ポンプ運転に費やされたエネルギーを上回る。しかし、大きな潮差があり、貯水池に適した地盤のよい広い土地がある所は限られているため、今日までやや大きな規模で利用しているのは、フランスの北西部を流れるランス川河口の発電所だけで、平均8.5メートルの潮差を利用する。ポンプ付きの単一貯水池で、10メガワットの発電機24基を備える。1966年に完成した。年間発電量は約550ギガワット時である。世界中を見渡すと、立地条件やコストなどから利用できそうな電力量は100ギガワット程度らしい。[高野健三]
『高野健三著『海のエネルギー』(1984・共立出版)』

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典内の潮汐発電の言及

【潮力発電】より

…潮の干満を利用した発電。潮汐発電ともいう。原理的には低落差の水力発電である。…

※「潮汐発電」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

潮汐発電の関連キーワード干潮地球潮汐潮汐摩擦波力発電潮流発電水路式発電ダム式発電発電主振動越波型波力発電

今日のキーワード

ワールド・ベースボール・クラシック

メジャーリーグ機構、メジャーリーグ選手会が音頭をとってスタートした野球の世界一決定戦。2006年の第1回は16カ国が参加。4組に分かれて1次リーグを行い、各上位2カ国が米国に移って2リーグの2次予選、...

続きを読む

コトバンク for iPhone