コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

濁る ニゴル

デジタル大辞泉の解説

にご・る【濁る】

[動ラ五(四)]
液体・気体などに他の物質がまじりこんで透明でなくなる。「水が―・る」「煙で空気が―・る」⇔澄む
色・音声などが鮮明でなくなる。「―・った声」⇔澄む
精神などが健全でなくなる。けがれる。「欲望で―・った心」
濁音になる。濁点を打つ。「この字は―・って読む」⇔澄む

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

大辞林 第三版の解説

にごる【濁る】

( 動五[四] )
液体や気体に他のものが入りまじって透明でなくなる。よごれる。 ↔ 澄む 「川の水が-・る」 「部屋の空気が-・る」 「水晶体が-・って視力が落ちる」
色や音が鮮明でなくなる。 ↔ 澄む 「 - ・った赤」 「ステレオの音が-・る」
声がきれいでなくなる。声がしわがれる。 「 - ・っただみ声」
人の心や世の中がみだれる。邪念のために清純・潔白でなくなる。 「 - ・った世の中」 「澄みはてたりし方の心も-・りそめにしかば/源氏 宿木
濁音に発音する。 ↔ 澄む 「助詞の『て』は『ん』のあとでは、『ころんで』のように-・る」 〔「濁す」に対する自動詞〕

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

濁るの関連キーワードオーバードライブ [overdrive]コントラバス[contrabass]水濁れば則ち尾を掉うの魚無しホワイトナイル川ベヨネース列岩クリームダウン狩り・狩・猟パク ヘイルカン ウソクタンパク混濁後発白内障伏せ・伏楽屋風呂足引きの血色素尿歯根嚢胞小濁り黒内障白内障角膜翳

今日のキーワード

俳句甲子園

1998年から松山市で開かれる全国高等学校俳句選手権大会。高校生が5人1組で句の優劣をディベートで競い合う。チームでの勝敗とは別に、個人の最優秀句も選ぶ。今年は過去最多の41都道府県から121校、15...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

濁るの関連情報