コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

澄む/清む スム

デジタル大辞泉の解説

す・む【澄む/清む】

[動マ五(四)]
水や空気などに濁りがなくなり、透きとおった状態になる。「池の底まで―・んで見える」「―・んだ高原の空気」⇔濁る
光や色などに曇りがなく、はっきり見える。「明るく―・んだ月」「―・んだ目」「―・んだ水色」
音がさえてよく響く。「―・んだ声」⇔濁る
心配や邪念がなく、心がすっきりしている。「―・んだ心で人とつきあう」
清音に発音する。「『輝く』は、古くは『かかやく』と―・んで発音した」⇔濁る
雑音がおさまって静かになる。
「家も―・みて人も無かりければ」〈今昔・三〇・四〉
すましこむ。気取る。
「舟の楫(かぢ)取りたる男(をのこ)ども…うそぶいて見回し、いといみじう―・みたるさまなり」〈更級
上品で落ち着いている。地味な感じがする。
「薄鈍色の綾、中には萱草(くわんざう)など―・みたる色を着て」〈・手習〉
物事の筋道がはっきりする。道理が明らかになる。
「理が―・マヌコトヂャ」〈日葡
[動マ下二]
濁りをなくしてきれいにする。
「心ヲ―・メテ世ノ塵(ちり)ニ汚サレザル人」〈ロドリゲス日本大文典
道理を明らかにする。
「理ヲ―・ムル」〈日葡

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

澄む/清むの関連キーワード澄み切る・澄切る澄み渡る・澄渡る澄ます・清ます百年河清を俟つサナトリウム宜秋門院丹後種田山頭火毎田 周一滴り・瀝り鉈豆・刀豆河清を俟つゆかりの月惟喬親王海印三昧澄渡る吾が心冴える撰集抄河清庭園

今日のキーワード

ムガベ大統領

1924年、英植民地の南ローデシア(現ジンバブエ)生まれ。解放闘争に参加し、80年にジンバブエを独立に導いた。同年から首相、87年から大統領として実権を握り続けた。2000年以降は白人農場主の農園を強...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android