コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

濾材 ろざい filter medium

2件 の用語解説(濾材の意味・用語解説を検索)

世界大百科事典 第2版の解説

ろざい【濾材 filter medium】

ろ過に用いる多孔性の材料。砂礫のような天然のものから,焼結金属多孔板のような高度の加工品まであるが,最も多くは各種繊維の織布,ろ紙,フェルトなどの不織布,金網(とくに畳織のように目の詰まったもの),繊維状物質のマットなどが使われる。ろ過はおもに固‐液分離に用いられるが,ろ材という用語は乾式のろ過集塵(しゆうじん)にも使われている。いずれの場合も流体の流動抵抗が小さく,ろ材の細孔上で架橋を形成するが,孔の中で目詰りを起こさず,堆積したケーキ層が剝離(はくり)しやすく,かつケーキや堆積粉塵のかきとり,払落しにも長期間十分耐える機械的強さをもつことが要求される。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

濾材
ろざい
filter medium

濾過の際に用いる固液分離用の多孔材。なお気体と固体を分離する集塵(しゅうじん)にも使用される。濾材には、〔1〕各種繊維(羊毛、木綿、ガラス繊維、合成繊維、金網など)、〔2〕有孔金属板、〔3〕充填(じゅうてん)層(砂、砂利、アスベスト、木炭、珪藻土(けいそうど)など)、〔4〕多孔体(素焼板、アランダムなど)のような種類がある。そのうち各種繊維のものがもっとも広く使用されるが、著しく腐食性の溶液を取り扱うときは、適当な材質の充填(じゅうてん)層や多孔体を用いることが多い。
 一般に工業的濾過の場合、濾過の主要な役割を果たすのは、初めに濾材上に形成するケーキであって、濾材は単にケーキを保持する作用をするにすぎない。したがって濾材の性質として必要なことは、固体粒子の粒径より目が細かいということのほかに次の諸点がある。〔1〕濾過開始後まもなく、目の中および上に固体が重なり合ってさらに小さな細孔を形成すること(架橋現象)。〔2〕濾液の流動抵抗が小さいこと。〔3〕目詰まりをおこさないこと。〔4〕操作圧力に耐えること。〔5〕耐摩耗性があること。〔6〕耐食性であること。〔7〕表面が滑からでケーキをはがしやすいこと。〔8〕安価であること。
 なお、分析化学において用いられるガラス濾過器には種々の形のものがあり、規格が細かく定められている。ガラス濾過器には、〔1〕るつぼ形、〔2〕ブフナー漏斗形、〔3〕漏斗形がある。各濾過器の濾過板の目の粗さを指定するのに細孔番号1~4が用いられる。[成澤芳男]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

濾材の関連キーワードエジプシアンブルー活性アルミナ経木真田限外濾過小羊歯精密濾過超濾過加圧ろ(濾)過ろ(濾)過助剤ろ(濾)紙

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone

濾材の関連情報