コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

火口瀬 かこうせbarranco

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

火口瀬
かこうせ
barranco

カルデラ内の水があふれて流出する際,外輪山下刻してつくった深く幅が狭い谷。箱根火山早川,阿蘇火山の白川,十和田火山の奥入瀬川など。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

岩石学辞典の解説

火口瀬

火口壁の一部が浸食作用によって削られて生じる切り立った峡谷火口の周囲に水の浸食でいくつかの火口瀬が放射状に形成されることがある.スペイン語のbarancaは峡谷,渓谷のこと.

出典 朝倉書店岩石学辞典について 情報

大辞林 第三版の解説

かこうせ【火口瀬】

火口またはカルデラの縁の一部が切れて、内部の水が流れ出るようになった谷。十和田湖の子口や箱根火山の早川口など。かこうらい。

かこうらい【火口瀬】

かこうせ(火口瀬)」に同じ。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

火口瀬の関連キーワード東(群馬県吾妻郡)火山性セクター地溝早川(神奈川県)白川(熊本県)南阿蘇(村)阿蘇カルデラセクター地溝湯河原(町)神奈川(県)大沼・小沼熊本(県)栃木温泉戸下温泉十和田湖複式火山火口壁高原山男体山仙石原森吉山

今日のキーワード

白根山

① 栃木県と群馬県との境にある火山。山中に五色沼、北麓に丸沼・菅沼がある。海抜25...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

火口瀬の関連情報