コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

火打ち/燧 ヒウチ

デジタル大辞泉の解説

ひ‐うち【火打ち/×燧】

火打ち石火打ち金(がね)とを打ち合わせてを出すこと。また、その道具。
建築で、ひずみを防ぐために、水平面上で直交する部材の隅に斜めにかける補強材。
ぶっさき羽織の背の縫い目の裂けた所につける三角形の布。
夜着などの袖下と脇の角に、ゆとりを出すためにつける三角形の襠(まち)。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

火打ち/燧の関連キーワード切り火・切火・鑽り火・鑚り火火を乞うは燧を取るに若かず擦り火打ち・擦火打ち擦り火・擦火・摺り火火打ち道具・燧道具脛から火を取る火打ち石・燧石火打ち箱・燧箱火打ち鎌・燧鎌火打ち金・燧鉄火打ち袋・燧袋火打ち土台火打ち・燧火打ち道具電光石火石火の光山本仁平金生遺跡建築金物フリント

今日のキーワード

あおり運転

危険運転の一種で、前方を走行する車両に対する嫌がらせ行為。車間距離を極端に詰めて道を譲るように強要する、猛スピードで追い回す、ハイビームやパッシング、並走しての幅寄せなどで威嚇する、といった行為が該当...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android