コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

火灯口 カトウグチ

デジタル大辞泉の解説

かとう‐ぐち〔クワトウ‐〕【火灯口】

壁面などに設ける火灯形出入り口。特に、茶室の出入り口の形式の一。鴨居方立(ほうだて)を使わず、一般には上をアーチ状に丸く塗り固めたもの。給仕口や茶道口によく使われる。
歌舞伎大道具で、舞台正面の屋台に設ける火灯形の出入り口。

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例