コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

火灯口 カトウグチ

デジタル大辞泉の解説

かとう‐ぐち〔クワトウ‐〕【火灯口】

壁面などに設ける火灯形出入り口。特に、茶室の出入り口の形式の一。鴨居方立(ほうだて)を使わず、一般には上をアーチ状に丸く塗り固めたもの。給仕口や茶道口によく使われる。
歌舞伎の大道具で、舞台正面の屋台に設ける火灯形の出入り口。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

火灯口の関連キーワード火灯・瓦灯・火燈・瓦燈額月・額突澱看の席道安囲い火灯窓

今日のキーワード

阪神園芸

阪神電気鉄道株式会社の子会社で、兵庫県西宮市に本社を置く造園会社。正式名称は「阪神園芸株式会社」。1968年に設立された。環境緑化工事の施工・維持管理、公園植栽などの管理、観葉植物のリースといった業務...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android