コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

灰汁柴 アクシバ

デジタル大辞泉の解説

あく‐しば【灰×柴】

ツツジ科の落葉低木。山地に生え、高さ20~80センチ。枝は緑色で、葉は卵形で柄がない。初夏に淡紅白色の花を下向きにつけ、実は丸く、熟すと赤い。

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

動植物名よみかた辞典 普及版の解説

灰汁柴 (アクシバ)

学名:Hugeria japonica
植物。ツツジ科の落葉低木,高山植物

灰汁柴 (アクシバ)

植物。ヒサカキの別称

灰汁柴 (アクシバ)

植物。ブナ科の常緑小高木・低木,園芸植物。ウバメガシの別称

出典|日外アソシエーツ「動植物名よみかた辞典 普及版」動植物名よみかた辞典 普及版について | 情報

今日のキーワード

存亡の機

引き続き存在するかここで滅びてしまうかという非常に重大な時。存亡の秋(とき)。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android