コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

炮烙/焙烙 ホウラク

デジタル大辞泉の解説

ほう‐らく〔ハウ‐〕【××烙/××烙】

あぶり焼くこと。
中国古代、殷(いん)の紂王(ちゅうおう)の行った火あぶりの刑。炭火の上に油を塗った銅柱を渡し、その上を罪人に歩かせ、足を滑らさせて火中に落としたというもの。炮烙の刑。
茶道で、灰を入れる器の総称。
ほうろく(焙烙)

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

炮烙/焙烙の関連キーワードほうろく(焙烙)田村 俊子壬生狂言田村俊子八田長斎八田玄斎武衛流丸頭巾物好く青道心砲術紂王妲己焙烙灰器

今日のキーワード

阪神園芸

阪神電気鉄道株式会社の子会社で、兵庫県西宮市に本社を置く造園会社。正式名称は「阪神園芸株式会社」。1968年に設立された。環境緑化工事の施工・維持管理、公園植栽などの管理、観葉植物のリースといった業務...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android