コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

エン

デジタル大辞泉の解説

えん【×焉】

漢文助字句末に置いて語調を整え、また、断定の意を表す語。訓読ではふつう読まないが、「我関せず焉」などの場合には読む。

えん【焉】[漢字項目]

[音]エン(呉)(漢) [訓]いずくんぞ なんぞ ここに いずくにか これ
ようすを表す語に添える助字。状態を示す。「溘焉(こうえん)忽焉(こつえん)
「ここに」の意を添える助字。「終焉
難読]少焉(しばらく・しばらくして)・焉爾(のみ)

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

大辞林 第三版の解説

えん【焉】

〔漢文の文末助字の用法から〕
「われ関せず焉」などの形で、語句に添える強めの言葉。

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

焉の関連キーワード蓬莱山人帰橋(2代)三遊亭円生(初代)碁太平記白石噺伊達競阿国戯場置き字・置字カラシャール三遊亭円生客者評判記魯魚の誤り了察・諒察桃亭柿人立川焉馬立川銀馬安西四鎮上柳牧斎式亭三馬我関せずクルレ烏焉馬用法

今日のキーワード

姑息

[名・形動]《「姑」はしばらく、「息」は休むの意から》一時の間に合わせにすること。また、そのさま。一時のがれ。その場しのぎ。「姑息な手段をとる」「因循姑息」[補説]近年、「その場だけの間に合わせ」であ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

焉の関連情報