コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

無担保社債 ムタンポシャサイ

デジタル大辞泉の解説

むたんぽ‐しゃさい【無担保社債】

社債担保の有無で分類する場合に、担保が設定されていない社債を指す。現在は無担保社債が主流。社債が債務不履行になった場合、額面金額利払いは保証されない。

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

世界大百科事典 第2版の解説

むたんぽしゃさい【無担保社債】

担保付社債以外の社債の総称。物的・人的担保のまったくない狭義の無担保社債のほか,第三者が社債の元利金の支払につき人的保証を与えている保証社債(政府保証債など)や,特別法によって設立された会社の発行する社債で,その法律によって社債権者が他の債権者に優先して会社の総財産から債権の弁済を受ける権利(この担保権を一般担保またはゼネラル・モーゲージという)を与えられている一般担保付社債(電力債など)も無担保社債である。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

無担保社債の関連キーワードゼネラル・モーゲージ社債管理会社永久劣後債劣後債債券

今日のキーワード

大義

1 人として守るべき道義。国家・君主への忠義、親への孝行など。「大義に殉じる」2 重要な意義。大切な事柄。「自由平等の大義を説く」...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

無担保社債の関連情報