コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

無私 ムシ

デジタル大辞泉の解説

む‐し【無私】

[名・形動]私的な感情にとらわれたり、利害の計算をしたりしないこと。私心がないこと。また。そのさま。「無私な(の)態度で裁定する」「公平無私

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

むし【無私】

( 名 ・形動 ) [文] ナリ 
私心・私欲のない・こと(さま)。 「公平-」 「 -の精神」 「其徳の博きこと天日の無偏-なるが如く/獺祭書屋俳話 子規

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

無私の関連キーワード平凡(二葉亭四迷の小説)ハーベイ・ロードの前提ハーモニー・ソサエティ岡研介(おかけんすけ)フランク ブックマンハーベイロードの前提ショーペンハウアーゴルテュン法芭蕉(俳人)スーフィズム獺祭書屋俳話マンデビル宮崎 滔天MRA運動松本 員枝道徳感情論ブックマン非暴力主義対馬竹五郎ハチソン

今日のキーワード

天網恢恢疎にして漏らさず

《「老子」73章から》天の張る網は、広くて一見目が粗いようであるが、悪人を網の目から漏らすことはない。悪事を行えば必ず捕らえられ、天罰をこうむるということ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

無私の関連情報