焦熱地獄(読み)ショウネツジゴク

大辞林 第三版の解説

しょうねつじごく【焦熱地獄】

八大地獄の第六。ここに落ちた罪人は、堪え難い火熱の苦しみを受けるという。炎熱地獄。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

精選版 日本国語大辞典の解説

しょうねつ‐じごく セウネツヂゴク【焦熱地獄】

〘名〙 仏語。八大地獄の一つ。殺生、偸盗、邪婬、妄語、飲酒、邪見の者がおちる地獄。罪人熱鉄や鉄のかまの上に置かれて身をやかれ苦しめられるという。焦熱。また、きわめて暑いことのたとえ。
※往生要集(984‐985)大文一「焦熱地獄者、在大叫喚之下
※欧米印象記(1910)〈中村春雨〉伯林雑記「伯林の夏は紐育から見ると嘘のやうに涼しい、〈略〉今更、紐育の焦熱地獄(セウネツジゴク)が怖くなる」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

適応障害

心理社会的なストレスがはっきりと認められ、情緒面や行動面に問題が生じるもの。職場の人間関係、夫婦間の葛藤を始め、親の離婚、子供の自立、失恋、身体疾患など、一過性のものから持続的なものまで、ストレス因子...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android