焦熱(読み)ショウネツ

大辞林 第三版の解説

しょうねつ【焦熱】

すべての物を焼き焦がすような暑さ。 「 -の地」
「焦熱地獄じごく」の略。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

精選版 日本国語大辞典の解説

しょう‐ねつ セウ‥【焦熱】

〘名〙
① こげるようにいこと。また、その熱さ。
※撰集抄(1250頃)七「なにをもちてか、せうねつの焔をけち、なにによってか、紅蓮の氷をもとかすべき」 〔淮南子‐兵略訓〕
往生要集(984‐985)大文一「第一地獄亦分為八〈略〉六焦熱、七大焦熱、八無間」
※平家(13C前)五「熱・大焦熱・無間阿毘(むけんあび)のほのをの底の罪人も」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

いざなぎ景気

1965(昭和40)年11月から70(昭和45)年7月にかけて57カ月続いた戦後最長の消費主導型景気拡大局面のこと。名目成長率は毎年2桁で推移した。これに先立つ1955~56年の「神武景気」や58年~...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android