然こそ(読み)サコソ

デジタル大辞泉の解説

さ‐こそ【然こそ】

[副]
(あとに推量を表す語を伴って)そのことが十分に推察できるさま。さぞや。さぞかし。「遺族の気持ちは然こそと察せられる」
そのように。
「―大人びさせ給へど、いときなき御齢(よはひ)におはしますを」〈澪標

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

さこそ【然こそ】

( 連語 )
きっと。さだめて。さぞかし。 「 -異様ことようなりけめ/徒然 53
そのように。あんなに。 「すべて-あらめと/紫式部日記」
[句項目] 然こそ言え

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

精選版 日本国語大辞典の解説

さ【然】 こそ

(「こそ」は強めの指示の助詞。副詞的に用いる)
① 副詞「さ」の①を強めたいい方。本当に。そのように。そこまでも。あんなに。
※源氏(1001‐14頃)夕顔「さこそ、強がり給へど」
② 文脈上または心理的にすでに存する事物、事態を、当然そのようにあるべきだと肯定的に推量する気持を示す。さぞかし。いかにも。当然。
※宇津保(970‐999頃)祭の使「これ、さこそ出立ちもすれ。親ある人の身の才もなくて、豪家を頼み、たからを尽して、したにくぐりをしつつ華やぐ人は、学生にはあらず」
※平家(13C前)八「十一月十九日のあしたなれば、河原の風さこそすさまじかりけめ」
③ 文脈上または心理的にすでに存する事物、事態を、そうあるのも無理はないと認めつつ、否定的に拒否する気持を示す。いくら…でも。なるほど…ではあっても。
※新古今(1205)雑中・一六三二「山ふかくさこそ心はかよふとも住まであはれを知らん物かは〈西行〉」

さ‐こそ【然こそ】

しかれ【然】 こそ

そうであるからこそ。だからこそ。
※万葉(8C後)一三・三三〇七「然有社(しかれこそ) 年の八歳(やとせ)を きり髪の 吾同子(よちこ)を過ぎ 橘の 末枝(ほつえ)を過ぎて 此の河の 下にも長く 汝が心待て」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

いざなぎ景気

1965(昭和40)年11月から70(昭和45)年7月にかけて57カ月続いた戦後最長の消費主導型景気拡大局面のこと。名目成長率は毎年2桁で推移した。これに先立つ1955~56年の「神武景気」や58年~...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android