コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

焼(き)付ける ヤキツケル

1件 の用語解説(焼(き)付けるの意味・用語解説を検索)

デジタル大辞泉の解説

やき‐つ・ける【焼(き)付ける】

[動カ下一][文]やきつ・く[カ下二]
熱した金属などを押して印をつける。焼き印を押す。「下駄に屋号を―・ける」
焼いて付着させる。また、めっきをする。「車体に塗料を―・ける」
陶磁器などに絵や文字をかいて焼きつけをする。「皿に絵を―・ける」
写真で、原板を通る光を印画紙に当てて画像を形成させ、陽画を作る。プリントする。「キャビネ判に伸ばして―・ける」
強い印象として記憶に残す。「心に―・ける」

出典|小学館
デジタル大辞泉について | 情報 凡例

今日のキーワード

稀勢の里寛

1986- 平成時代の力士。昭和61年7月3日生まれ。中学卒で鳴戸部屋に入門し,平成14年3月初土俵。16年5月新十両,同年11月には18歳4ヵ月で新入幕をはたす。18年7月新三役小結,21年3月新関...

続きを読む

コトバンク for iPhone