陽画(読み)ようが(英語表記)positive

翻訳|positive

世界大百科事典 第2版の解説

ようが【陽画】

ポジティブpositive,略してポジともいう。写真像の明暗が被写体の明暗と同じに再現された画像をいう。写真撮影の場合,カメラ内で露光したフィルムを現像すると被写体と明暗が逆の像,すなわち陰画(ネガ)が得られ,カラー写真の場合には明暗が逆で被写体の色と補色の色彩のカラーネガ像が得られる。このネガ像を印画紙に焼き付け,現像すると陽画が得られる。スライドや映画の場合にはネガ像をポジ用フィルムに焼き付け,現像してポジ像を作る。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

精選版 日本国語大辞典の解説

よう‐が ヤウグヮ【陽画】

〘名〙 色相や明暗が実際と同じ写真。フィルムのポジをさしていうことが多いが、紙に焼きつけたものをいうこともある。ポジ。⇔陰画
※写真鏡図説(1867‐68)〈柳河春三訳〉図「玻瓈版(ビイドロいた)の陰画を紙に写して陽画を製する」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

世界大百科事典内の陽画の言及

【陰画】より

…これを陰画という。陰画をもう一度印画紙かフィルムに密着して露光し,現像を行うと,被写体と同じ明暗を再現した画像が得られ,これを陽画またはポジティブ,ポジという。通常の写真はこのようにネガ作成を経てポジを作る。…

※「陽画」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

口永良部島

鹿児島県南部,大隅諸島,屋久島の北西約 12kmにある火山島。活火山で,常時観測火山。屋久島町に属する。霧島火山帯に属し,西に番屋ヶ峰(291m),東に最高点の古岳(657m)と新岳(626m)があり...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android